マイページ

ATP(男子ツアー)

【速報】錦織 フェデラーに敗れ準々決勝敗退。自力での最終戦出場権獲得の夢ついえる[ATP1000 パリ]

「ATP1000 パリ」準々決勝での錦織圭

「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月29日~11月4日/室内ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準々決勝で第10シードの錦織圭(日本/日清食品)が第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。4-6、4-6のストレートで錦織が敗れ、ベスト8敗退となった。敗れた錦織は、年間上位8位までが出場できるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への自力での出場権獲得はならなかった。

勝利したフェデラーは、準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチはマリン・チリッチ(クロアチア)を破っての勝ち上がり。

第2セットも錦織のサービスゲームから。第1ゲーム、1プレー目でコードボールによってポイントを奪われた錦織は、いらだちからかラケットでネットを叩く姿が見られた。そしてサーブがなかなか決まらず焦りといらだちからミスが目立ち、ラブゲームでブレークされてしまった。

第3ゲームでも30-40とブレークポイントを握られた錦織だが、ここは冷静にプレーを進めてしのいでキープし、リードを広げさせなかった。

第4ゲームではデュースに追い上げるものの、ブレークポイントを握ることができなかった錦織は、その後もチャンスをつかむことができない。そしてフェデラーのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームでも粘る錦織だったが、ラブゲームでキープされ第2セットも4-6で落とし、ベスト8敗退が決まった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」準々決勝での錦織圭
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu