マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織は第1シードで出場。初戦相手は世界45位ゴヨブチックか世界73位ツォンガ[モゼーユ・オープン]

「全米オープン」での錦織

錦織圭(日本/日清食品)が出場を予定している「モゼーユ・オープン」(フランス・メツ/9月17~23日/室内ハードコート)のドロー表が発表された。錦織は第1シードで1回戦は免除。初戦となる2回戦では、世界45位のペーター・ゴヨブチック(ドイツ)対世界73位ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)の勝者と対戦することになる。

世界12位で今大会第1シードの錦織は、もしゴヨブチックが勝ち上がってくれば初対戦となる。一方のツォンガとは過去8回対戦していて錦織の5勝3敗となっている。また、ツォンガとの最後の対戦は2016年の「ATP1000 パリ」で、その時は錦織が敗れていた。

錦織は直前の「全米オープン」では、準決勝で難敵ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、決勝進出ならず。しかし女子シングルスで優勝した大坂なおみ(日本/日清食品)と、史上初となるグランドスラムにおいて日本人選手男女が同じ大会でベスト4進出という快挙を果たした。

また、先日には公式アプリで動画とともに「今日はアカデミーでいい練習をしています。明日メツに向けて出発します。インドアシーズンが始まることにわくわくしている」とコメントした錦織。シーズン最終戦である「Nitto ATPファイナルズ」出場権獲得に向け、勝利を重ねてゆくことに期待したい。

「モゼーユ・オープン」には錦織のほかに、世界15位ステファノス・チチパス(ギリシャ)が第2シード、世界19位ルカ・プイユ(フランス)が第3シード、世界24位リシャール・ガスケ(フランス)が第4シードで出場を予定している。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Elsa/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu