マイページ

ATP(男子ツアー)

【速報】錦織が第2セットを1-6で落とし、決着は第3セットへ[ATP500 ワシントンD.C.]

「ATP500 ワシントンD.C.」3回戦のときの錦織圭

「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./7月30日~8月5日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準々決勝で第7シードの錦織圭(日本/日清食品)が第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。第1セットは錦織が6-3で先取したが、第2セットはズベレフに1-6で奪われてしまった。

第2セットはズベレフのサービスから。第2ゲームで錦織は0-40と3本のブレークポイントを握られてしまった。しかしこのピンチにも錦織は落ち着いて対処し、見事にキープする。

錦織は第4ゲームでも再び30-40とブレークポイントを握られてしまう。なんとかしのぎたいところだったが、ラリーの末に錦織のショットがわずかにロングになり、1ブレークダウンとされてしまった。

さらに第6ゲームでも30-40とピンチを迎えてしまった錦織は、いったんはしのいでデュースに持ち込むが再びブレークを喫し、ゲームカウント1-5とされてしまった。

そしてズベレフのサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームをラブゲームでキープされ、第2セットを1-6で落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP500 ワシントンD.C.」3回戦のときの錦織圭
(Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu