マイページ

ATP(男子ツアー)

フェデラーは2度のマッチポイントを凌いでペールを撃破、準々決勝へ進出[男子テニスATPワールドツアー500 ハレ]

ペールとの接戦を制し吠えるフェデラー

「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月18~24日/芝コート)のディフェンディングチャンピオンであるロジャー・フェデラー(スイス)は6月21日、世界ランキング48位のブノワ・ペール(フランス)との2回戦で、マッチポイントを2度凌いで6-3、3-6、7-6(7)で勝利し、準々決勝に進んだ。

フェデラーは第3セット、ゲームカウント6-5とした第12ゲームで15-40と先にマッチポイントのチャンスとしたが、ここはペールに凌がれタイブレークへ。すると今度は5-6と逆にマッチポイントを握られる。フェデラーはここを凌ぐも続くポイントを取られ6-7ともう一度敗北のピンチに。しかしここでフェデラーは3ポイント連取し、2時間弱に及ぶ試合に終止符を打った。

同選手は2年連続でクレーコートシーズンを全て欠場した一方で、現在はジミー・コナーズ(アメリカ)の芝コートでの記録である174勝まで、わずか4勝に迫っている。

フェデラーは次の試合でマシュー・エブデン(オーストラリア)と対戦する。エブデンは、ハレで優勝した経験もあるフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に4-6、6-1、6-2で勝利して勝ち上がってきている。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真ペールとの接戦を制し吠えるフェデラー
(Photo by Alex Grimm/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu