マイページ

ATP(男子ツアー)

【速報】杉田祐一、ベスト8進出ならず。フルセットの末敗れる[リベマ・オープン]

2017年の「AEGON サービトン・トロフィー」のときの杉田祐一

「リベマ・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス/6月11~17日/芝コート)の大会3日目、男子シングルス2回戦で第7シードの杉田祐一(日本/三菱電機)がマリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。第3セットは4-6でコピルに取られ、5-7、6-4、4-6で、杉田は2回戦敗退となった。試合時間は2時間5分。

勝利したコピルは、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)とマシュー・エブデン(オーストラリア)の勝者と準々決勝で対戦する。

第3セット、杉田は第2ゲームでコピルに15-40とブレークポイントを握られてしまう。杉田はここをしのいでデュースに持ち込み、なんとかしのいだ。

そして今度は杉田が第5ゲームでブレークポイントを握り、ここをブレークするも、直後にブレークバックを喫してしまい、先行することができなかった。一度は追いつかれた杉田だが、第9ゲームで再びブレークのチャンスをつかんだ。しかし、ここはコピルにしのがれてしまい、ゲームカウント4-5とされた。

続く第10ゲームで杉田はキープして次に繋げたいところだったが、コピルにラブゲームでブレークされてしまい、第3セットを4-6で落とし、2回戦敗退となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年の「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」のときの杉田祐一
(Photo by Mustafa Ciftci/Anadolu Agency/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu