マイページ

ATP(男子ツアー)

【レース・トゥ・ロンドン】ナダルが暫定1位へ、シュワルツマンがトップ10入り

全仏決勝でサービスを放った際のナダル

2018年の2つ目のグランドスラムを終えて、ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への出場権を獲得ポイントで競う「レース・トゥ・ロンドン」の構図も新しくなってきた。

「全仏オープン」を終えた時点でのランキングを、ATP(男子プロテニス協会)が公開しており、ラファエル・ナダル(スペイン)が「全仏オープン」でのV11の結果、首位を確保した。

代わりに、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が2位に、ロジャー・フェデラー(スイス)が3位にそれぞれ後退した。

他方で、「全仏オープン」で上位に進出した選手も順位をそれぞれ上昇させており、ナダルとの決勝戦に挑んだドミニク・ティーム(オーストリア)が1つ順位を上げて5位につけた。

ほかにも、ベスト8へ進出し、今大会ナダルから唯一1セットを奪ったディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が10位へ。「レース・トゥ・ロンドン」の順位にもその活躍が反映された。

錦織圭(日本/日清食品)は16位と1つ順位を下げたものの、前回ランキングから大きな順位変動はなかった。

暫定順位は以下の通りだ。

◇   ◇   ◇

【6月11日付レース・トゥ・ロンドンランキング】

順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1.(3)ラファエル・ナダル(スペイン) 5,040
2.(1)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 3,495
3.(2)ロジャー・フェデラー(スイス) 3,110
4.(4)フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン) 3,020
5.(6)ドミニク・ティーム(オーストリア) 2,985
6.(5)マリン・チリッチ(クロアチア) 2,370
7.(7)ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 1,620
8.(9)ジョン・イズナー(アメリカ) 1,500
9.(8)チョン・ヒョン(韓国) 1,380
10.(16)ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 1,365
11.(10)グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 1,365
12.(11)カイル・エドマンド(イギリス) 1,350
13.(43)マルコ・チェッキナート(イタリア) 1,287
14.(14)ファビオ・フォニーニ(イタリア) 1,260
15.(12)パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 1,225

------------------------

16.(15)錦織圭(日本/日清食品) 1,205

(テニスデイリー編集部)

※写真は全仏決勝でサービスを放った際のナダル
(Photo by Ian MacNicol/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu