マイページ

ATP(男子ツアー)

【速報】錦織、ディミトロフに逆転勝利で4年連続ベスト16入り[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ]

3回戦進出を決めた錦織圭

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月13~20日/クレーコート)の4日目、2回戦で錦織圭(日本/日清食品)が第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。第1セットを6(4)-7で落とすも、第2セットを7-5で追いついた錦織は、第3セットを6-4で奪い、逆転で勝利。錦織はこれで今大会4年連続ベスト16入りとなった。試合時間は2時間55分。

勝利した錦織は、2回戦で第13シードのジャック・ソック(アメリカ)を破ったフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と3回戦で対戦する。

勝負の決まる第3セットは錦織のサービスゲームから。第2セットを奪い返した錦織は、その勢いのままにラブゲームでキープし、順調な滑り出しを見せた。第5ゲームで30-40とされピンチが訪れるも、錦織は落ち着いてデュースに持ち込む。しかし、ディミトロフにブレークされてしまい、第2セットと同様に追う展開となった。

そして互いにキープして迎えた第8ゲームで錦織は30-40とブレークバックのチャンスをつかむ。デュースになったが錦織がブレークバックに成功し、ゲームカウント4-4のイーブンとした。続く第9ゲームで30-40とブレークポイントを握られたが、ここを長いラリーの末にしのいだ錦織は、デュースでもポイントを連取してキープ。

第10ゲーム、錦織は40-15の状況から3連続でポイントを奪ってデュースに持ち込むと、ネットでボレーを決めてマッチポイントを握った。最後はディミトロフのショットがネットにかかり、6-4で第3セットを取り、ディミトロフに逆転勝利を果たした。

また、ディミトロフは今日が27歳の誕生日だが、勝利で飾ることはできなかった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は3回戦進出を決めた錦織圭
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu