マイページ

ATP(男子ツアー)

【速報】錦織、ディミトロフから逆転で第2セットを奪い返す[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ]

現在対戦中の錦織圭

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月13~20日/クレーコート)の4日目、2回戦で錦織圭(日本/日清食品)が第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。第1セットを6(4)-7先取された錦織は、第2セットを7-5で取り返した。

第1セットを奪われた錦織だが、気持ちを切り替えて第1ゲームに臨み、40-0とポイントを重ねたが、そこから40-30と勢いに乗るディミトロフに追い上げられる。そして長いラリーが続き、錦織はおもむろにドロップショットを放ってディミトロフの裏を完全にかき、第1ゲームをキープした。こうした錦織らしいプレーが少しずつ現れてきており、ディミトロフを翻弄し始める。

しかし、ここぞというところで錦織のミスショットが出てしまい、決め手に欠けてしまった。第4ゲームでもブレークポイントを握ったが、ブレークには至らず、リードを作ることができない。

両者ともにキープを続けてきたが、第7ゲームでディミトロフに15-40とリードされるとそのままブレークされ、1ブレークダウンとなった。しかし、直後に錦織はデュースまで追い上げると、息の詰まるようなラリーの末にブレークバックに成功し、ゲームカウントを4-4のイーブンとした。

拮抗したラリーが続き、お互いにキープして迎えた第12ゲーム。ゲームカウント6-5の場面で錦織は0-40とセットポイントを3本握った。2本はしのがれたものの、ディミトロフのショットがわずかにロングとなって第2セットを7-5で錦織が取り返し、決着は第3セットへ持ち越された。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在、第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中の錦織圭
(Photo by Matteo Ciambelli/NurPhoto via Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu