マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織がローマ入り。マドリード敗退後もティームやプイユと調整。

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」1回戦のときの錦織

錦織圭(日本/日清食品)が次戦の「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」の舞台であるローマに到着したことを、自身の公式アプリで明かした。

錦織は今週行われている「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」では、1回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に5-7、4-6のストレートで敗退。試合では依然、右手首を気にする場面もあったが、敗退後もマドリードに残り、世界ランキング7位のドミニク・ティーム(オーストリア)や、18位のルカ・プイユ(フランス)といったランキング上位陣との練習に当てていた。

準優勝となった「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ」決勝のラファエル・ナダル(スペイン)戦から3連敗中の錦織だが、「全仏オープン」前最後の出場大会で上々の結果を残し、弾みをつけてグランドスラム復帰戦に臨むことを期待したい。

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」は5月13日から、「全仏オープン」は5月27日からそれぞれ開幕する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」1回戦のときの錦織
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu