マイページ

ATP(男子ツアー)

フェデラーがズベレフに勝利し準決勝進出に一番乗り[ATPファイナルズ]

準決勝一番乗りを決めたフェデラー

「ATPファイナルズ」(11月12日~11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)のシングルス・ラウンドロビン3日目、グループ〈ボリス・ベッカー〉第2試合は、初日に白星でスタートしたロジャー・フェデラー(スイス)とアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦し、7-6(6)、5-7、6-1でフェデラーが勝利し、準決勝進出を決めた。試合時間は2時間12分。

両者の過去の対戦成績は4回戦って2勝2敗のイーブン。直近の対決としては、「ロジャーズ・カップ 」の決勝で、ズベレフが6-3、6-4で勝利を収めている。今大会最年少の20歳ながら世界ランキング3位に上り詰めたズベレフと、今年でプロ転向20年を迎えた世界ランキング2位のフェデラーの対戦となった。

◇   ◇   ◇

第1セット、コイントスに勝ったフェデラーはサーブを選択。立ち上がり、ズベレフに3連続でポイントを取られピンチが訪れるも、フェデラーは逆に5連続でポイントを取り、しのぐことに成功する。フェデラーは多彩なショットでズベレフを翻弄するが、なかなかブレークまでこぎ着けることができない。

一方のズベレフも果敢に攻めるがミスも多く決め手を欠き、第12ゲームまで硬直した状態が続き、タイブレークに突入した。タイブレークではズベレフに4連続ポイントでリードされるが、ここでもすぐにフェデラーが5連続ポイントで巻き返すなど、先の見えない展開に。最後はズベレフのショットがネットとなり、7-6(6)でフェデラーが先取した。

第2セットはうって変わって第1ゲームでフェデラーがブレークに成功。しかし第4ゲーム、フェデラーは自身のサーブが上手く決まらず、ダブルフォルトやミスによりズベレフにブレークバックされてしまう。その後は互いに譲らずキープし合う展開になるが、フェデラーはサーブの確率が少し落ち、集中力を欠いたようにも見えた。

第12ゲーム、0-40とズベレフに大きくリードされる。なんとか30-40まで盛り返すも、最後は自身のショットがアウトとなり、1-1のイーブンとされる。

迎えた第3セット。フェデラーはここでもドロップショットを多用してズベレフを揺さぶりにかかり、第3ゲームでブレークに成功する。さらに第5ゲーム、ズベレフはミスが続き、フェデラーは2つ目のブレークも得る。なんとか追いつきたいズベレフは第6ゲームで0-30とリードするも、フェデラーは追い上げを許さずキープする。そして第7ゲーム、デュースに持ち込んだフェデラーがアドバンテージを取ると、ズベレフが痛恨のダブルフォルトをし、フェデラーの勝利が決まった。

勝利したフェデラーは2戦2勝となり、準決勝進出が決まった。フェデラーは試合後に「今日は守備的な内容になったが、最終的に勝てて良かった。決勝に進めるのは嬉しい」と語った。

これで準決勝進出の椅子は残り1つ。ズベレフとジャック・ソック(アメリカ)が1勝1敗となっており、明後日の直接対決で勝った方が進出となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は準決勝一番乗りを決めたフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

厳しい表情を見せるラファエル・ナダル

2017.11.14

ナダルが棄権、初優勝は来年に持ち越しに[ATPファイナルズ]

「ATPファイナルズ」で初戦に勝利したフェデラー

2017.11.13

フェデラー「合わせづらかった」。相手にお尻突き出される珍事も、動じず1勝を挙げる[ATPファイナルズ・ラウンドロビン1日目]

観客席から大きな拍手で見送られコートを後にするフェデラー

2017.11.19

フェデラー陥落。ゴファンの攻撃が冴え決勝進出を逃す[ATPファイナルズ]

写真は試合後に固い握手を交わすフェデラーとズベレフ

2017.11.15

【大会3日目】フェデラーがズベレフを破り準決勝へ、ソックも望みをつなぐ勝ち星を掴む[ATPファイナルズ]

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉