マイページ

その他

優勝賞金約1,500万円を一人勝ち!セットもゲームもない大会にモンフィスが参戦

写真は「ATP500 ドバイ」でのモンフィス

魅力あるプレーでテニスファンに愛されているガエル・モンフィス(フランス)が、短縮版テニスの大会「タイブレーク・テン」に出場することを発表。この大会は10月に、新たな会場となるドバイで開催される。UAEのウェブメディアThe Nationalが報じた。

2015年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで創設されたこの大会には、これまでにもトップ選手たちが参加してきた。その面々には、現世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、元世界王者のアンディ・マレー(イギリス)やラファエル・ナダル(スペイン)、元世界女王のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、「東京オリンピック」銅メダリストで先日モンフィスと結婚したばかりのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)などが含まれる。


今年のその他の参加者の名前は今後数週間の間に発表される見込み。このドバイ大会はまず男子の大会として始まり、近い将来に女子の部も追加される予定だ。「タイブレーク・テン」はこれまで、ロンドンやウィーン、マドリード、メルボルン、ニューヨークといった主要都市で開催されてきたが、今年は10月22日にドバイのコカコーラ・アリーナで催される。


大会は一晩で行われ、8人の選手が勝ち抜き形式で戦い、優勝者1人が50万ディルハム(約1,484万円)の賞金全額を手にする。ゲームやセットはなく、それぞれの試合は10ポイント先取のタイブレークだけだ。


「我々は“タイブレーク・テン”がテニスの未来への道を切り開いていると固く信じています」大会ディレクターのジミー・プーン氏は語る。「“タイブレーク・テン”はあらゆるレベルのテニスファンに喜ばれるものです。今の状況の中でこの大会を立ち上げるのには困難が伴いますが、良い結果をもたらすために、ドバイよりも環境が整った場所はどこにもありません」


「もう1つ、同じくらい嬉しい発表があります。我々はテニス界の若い才能を後押しするため、本大会の前に草の根のジュニア大会を創設します。18歳以下の男女両方の決勝は、メインイベントが行われる夜に同じアリーナで開催されます」


「タイブレーク・テン」ドバイ大会のチケットは8月に発売されるが、販売される席はドバイ保健機関の指針に従って決定される。参加者は全員、新型コロナウイルスワクチンの接種を完全に終えていることが求められる。


※為替レートは2021年8月4日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ドバイ」でのモンフィス
(Photo by Amin Mohammad Jamali/Getty Images)

その他の関連記事

PAGE TOP
menu