マイページ

その他

【3択クイズ・10問】全仏オープンについてどれだけ知っている?(2021年度版)

Q1:通常、1シーズンにクレーコートのマスターズ1000大会はいくつ開催される?
③:3大会

モンテカルロ、ローマ、マドリードの3大会。

Q2:ラファエル・ナダル(スペイン)をクレーで破ったことがあるフランス人は?
②:オリビエ・ムティス(フランス)

2004年9月のパレルモ大会で6-3、6-3の勝利。

Q3:ナダルが初優勝を飾ったクレー大会は?
②:ソポト

2004年8月のソポト大会で初優勝。バルセロナでは2005年4月に、「全仏オープン」では2005年6月に初優勝。

Q4:オープン化以降、クレーで最も多くの勝利を挙げている男子選手は?
①:ギジェルモ・ビラス(アルゼンチン)

クレーでビラスは681勝173敗。ボルグは285勝46敗、ナダルは459勝42敗(2021年5月21日時点)。

Q5:オープン化以降、クレーで最も多くの優勝を飾っている女子選手は?
②:クリス・エバート(アメリカ)

エバートのクレーでの優勝回数は70回、うち7回は「全仏オープン」でこれは女子として歴代最多。グラフは32回、セレスは14回。

Q6:2021年シーズン開始当初、過去5年のクレーでの成績を元にWTAが算出した「クレーコート パワーランキング」で1位になった女子選手は?
①:シモナ・ハレプ(ルーマニア)

ハレプは2016年以降、クレー大会では2018年の「全仏オープン」を含めて5回優勝し、4回準優勝。同ランキングでバーテンズは2位、シフィオンテクは6位。

Q7:グランドスラムの中で「全仏オープン」以外にクレーで開催されたことのある大会とは?
③:全米オープン

「全米オープン」は1881年から1974年までグラスコート、1975年から1977年まではグリーンのクレーコートで行われていた。現在のハードコートになったのは1978年から。

Q8:クレー大会で優勝したことのないトップ10選手とは?
①:ダニール・メドベージェフ(ロシア)

ルブレフは2017年のウマグ、ベレッティーニは2018年のグシュタードなどで優勝。

Q9:「全仏オープン」の一つのコートに必要な赤土の量は?
②:1100kg

センターコートのフィリップ・シャトリエでは1500kgが使われる。

Q10:現在クレーで使われている2色とは?
②:赤色と緑色

赤色は最も使われているタイプで、緑色のクレーを採用しているのはチャールストン大会。

その他の関連記事

PAGE TOP
menu