マイページ

その他

モデル顔負け!?美女テニス選手ランキング ベスト15!【2020年度版】

5位:ユージェニー・ブシャール(カナダ)

この投稿をInstagramで見る

Happy Valentine’s Day lovers

Genie Bouchard(@geniebouchard)がシェアした投稿 -


1994年2月25日生まれの26歳。様々なゴシップで話題になる彼女だが、2014年に大活躍。「全豪オープン」、「全仏オープン」でベスト4、「ウィンブルドン」では準優勝に輝き、キャリアハイとなる世界5位を記録している。現在は世界332位だが、まだ若く今後復活が期待される。


4位:カロリーナ・プリスコバ(チェコ)

この投稿をInstagramで見る

A month ago..

Karolina Pliskova(@karolinapliskova)がシェアした投稿 -


1992年3月21日生まれの28歳。シングルスで16個のタイトルを持ち、2017年には世界1位に輝いた。グランドスラムのタイトルにはまだ手が届いていないが、2016年「全米オープン」で準優勝、2017年「全仏オープン」でベスト4、2019年「全豪オープン」でベスト4を記録している。現在も世界3位で安定した成績を残しており、女王に近い存在だ。

3位:カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)


1990年7月11日生まれの29歳。シングルスで30個のタイトルを獲得している。2010年に世界1位に輝いたが、長らくグランドスラムでの優勝がなく苦しんだ。しかし3度目のグランドスラム決勝となった、2018年「全豪オープン」で遂に優勝。世界1位に返り咲いた。そして「コートで夢見ていたことはすべて成し遂げた」「時が来たら、テニスから離れてもっとやりたいことがあると自分に言い聞かせていた」として、2020年の「全豪オープン」を最後に現役を引退した。



2位:デヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)


2000年5月15日生まれの20歳。既に3個のシングルスタイトルを持ち、2020年にキャリアハイとなる世界21位を記録している。大坂なおみ(日本/日清食品)をグランドスラム2大会連続優勝に導いたサーシャ・バジンが現在コーチを務めている、将来の世界1位候補だ。2020年5月には歌手デビューも果たし、コート内外でのマルチな活躍が期待される。

1位:マリア・シャラポワ(ロシア)

この投稿をInstagramで見る

It was only 98 degrees on the day of this shoot #TheEdit

Maria Sharapova(@mariasharapova)がシェアした投稿 -


1987年4月19日生まれの33歳。言わずと知れた「テニス界の妖精」。シングルスで36個のタイトルを持ち、2012年に生涯グランドスラムも達成した。テニスだけではなく、モデル、女優としても活躍。自身のキャンディーブランドを立ち上げるなど、ビジネスでも成功を収めている。2020年の「全豪オープン」後に現役を引退した。

その他の関連記事

PAGE TOP
menu