マイページ

その他

「ウィンブルドンテニス」、男子シングルス1回戦に臨む杉田祐一にWOWOWが独占インタビュー!

写真は杉田祐一

イギリス・ロンドンで行われているグランドスラム(四大大会)第3戦の「ウィンブルドンテニス」。
サーフェスは、グランドスラム唯一の芝で、球足が速くバウンドが低い。そのためサーブやネットプレー等、短い展開で勝負できるかが重要なポイントとなる。
男子シングルス1回戦でスペインのラファエル・ナダルと対戦する杉田祐一にWOWOWが独占インタビューを行った。

Q:芝の上での感覚、今の自分のコンディション、どのように捉えていますか?


「芝の大会自体は4大会目なので、芝のプレーは十分フィットしていますし、予選を3回勝ち上がったことで、凄い自信もついています。本戦1回戦は、ベストなパフォーマンスで迎えられるんじゃないかなと思っています。」


Q:予選会での芝と本会場の芝、何か違いはありますか?


「そうですね、芝のコンディション自体も下が柔らかくて、他の大会とは全然違うコートになっているので、それでプレーが少し変わってくるかなと思うんですけれど、そこはしっかりフィットさせていきたいと思います。上手く合わせて最高のパフォーマンスを出せるようにしたいなと思います。」


Q:ウィンブルドンの芝は好きな芝と思ってよろしいですか?


「そうですね、年に1回くらいしかプレーの機会がないので、あんまりプレー出来ないんですけれど、今日やった中で、こんな感じのコートだったなと思いだした感じですね。」


Q:1回戦の相手がラファエル・ナダル選手に決まりましたが、率直な心境を教えてください。


「嬉しいですね。どうしても現役中にやっておきたい選手だったので、一番自分の得意なサーフェスですし、思う存分戦えるかなと思っているので、本当にワクワクしていますね。」


Q:初対決だと思いますが、改めてナダル選手の印象や、勝機を見出すとすれば、どのようなところに付け込んでいきたいと思いますか?


「自分の速いテニスを出せるかが一番のポイントになってくるかなと思っています。毎年芝のサーフェスが遅くなっていますし、クレーコーターだったり粘り強い選手が勝ちやすい環境ではあるんですけれど。
芝ですので弾道の低いボールで相手を追い込むようなプレーを最後まで集中して出来れば、必ず勝機があるなと思っているので、しっかり準備したいなと思っています。」


Q:ナダルは第3シードということで、おそらく大きな会場でやると思います。ウィンブルドンの大きな会場でプレーするということは改めてどういう意義がありますか?


「間違いなく人生の中で最高の時間になると思っているので、一瞬一瞬を楽しみたいなという思いと、全てを出す覚悟と、エネルギーを準備して、全て置いていきたいなと思っています。」


Q:(改めまして)ご結婚おめでとうございます。ご結婚されたことで、テニスプレーヤーとしてどのような影響を与えていくのでしょうか?


「プロになって13年ですか、本当にツアーで孤独な闘いが多い中で、また1つ帰る場所というか、安心して戻れる場所というのが、ツアーの中で出来たということが、非常に大きな変化です。
それを上手いこと活用できる自分でいて、お互い支え合って、いい方向に向かっていけるように、自分自身ももっと頑張っていかないといけないなと思っています。」


Q:守るべき家族も増えたということで、最後に、2019年のウィンブルドンへの抱負をお願いします。


「テニスの現役生活も長くないと思いますし、出来る限りのことをコートに全ておいてきたいなと思っています。その相手としてナダルは最高の相手なので、本当に一瞬一瞬を楽しんで、全力でプレーしたいなと思っています。」


(テニスデイリー編集部)


※写真は杉田祐一 (Photo by James Wilson/MB Media/Getty Images)

その他の関連記事

PAGE TOP
menu