マイページ

その他

引退を表明しているフェレールが、ズベレフからセットを奪う熱戦を繰り広げる[ホップマンカップ]

「ホップマンカップ」でのフェレール

「全豪オープン」の前哨戦であり、男女混合国別対抗戦である「ホップマンカップ」の大会2日目。ドイツ対スペインのなかで、ダビド・フェレール(スペイン)がアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。フェレールは4‐6、6‐4、6(0)‐7で敗れるも、期待の若手を相手にセットを奪う熱戦を繰り広げた。

フェレールは2019年シーズン途中での引退を表明している、元世界3位の36歳。キャリア通算獲得タイトルは27個で、錦織圭(日本/日清食品)とも合計14回対戦しており、日本人にも馴染み深い選手だ。一方のズベレフは、2018年のツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」で21歳にして初優勝を飾った次世代No.1候補。


試合序盤では、フェレールもコートを目一杯駆け回るが、ズベレフの球威におされる。


それでも第2セットからフェレールが巻き返す。ズベレフも粘るフェレールを相手にミスが出て、苛立ちを見せていた。


さらにフェレールは、セットポイントとなるブレークポイントを握ると、最後はズベレフのウィナー級のショットを懸命に走って返し、セットを奪い返す。このスーパーショットに、歓声も大きく沸いた。


第3セットもフェレールは及ばなかったものの、「リトル・ビースト」という異名のごとく走り続け、タイブレークまでもつれ込む粘りを見せた。


試合後のオンコートインタビューでは、ズベレフも「彼のことをとても尊敬しています」「一緒に試合ができてよかった。20年近くも第一線でやってきたことはすごいことです」と称えた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ホップマンカップ」でのフェレール
(Photo by Paul Kane/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

その他の関連記事

PAGE TOP
menu