マイページ

オリンピック

国枝と上地が決勝に進出、メダル確定![東京パラリンピック]

「東京パラリンピック」での上地(左)と国枝

現在開催されている「東京パラリンピック」(日本・東京/8月27日~9月4日/ハードコート)のテニス競技。大会7日目の9月2日には男女シングルス準決勝が行われ、日本の男女のエース、国枝慎吾(日本/ユニクロ)と上地結衣(日本/三井住友銀行)が揃ってストレートの快勝で、決勝に進出。メダル獲得を確定した。大会公式ウェブサイトが伝えている。

男子シングルス第1シードの国枝は、準決勝で第5シードのゴードン・リード(イギリス)と対戦、6-3、6-2で勝利した。9月4日土曜日には、もう一組の準決勝で第2シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス)を6-4、7-6(5)で倒した第8シードのTom Egberink(オランダ)と決勝で対戦する。国枝はこれまでにEgberinkと9回対戦して、まだ負けたことはない。


そして女子シングルス第2シードの上地は、ダブルス準決勝で敗れたペアの一人である第3シードのアニーク・ファンクォト(オランダ)を6-2、6-2で下し、前回リオデジャネイロでの銅メダルを上回る、金か銀のメダル獲得を確定させた。明日の決勝では、ファンクォトのダブルスパートナーである第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦する。デ グロートは準決勝で第4シードのジョーダン・ワイリー(イギリス)を6-4、6-2で下した。デ グロートとの対戦成績は上地の15勝22敗。上地は大舞台でこの最大のライバルを倒すことができるだろうか。


主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【準決勝】
国枝慎吾(日本/ユニクロ)[1] 6-3 6-2 ●ゴードン・リード(イギリス)[5]


〇Tom Egberink(オランダ)[8] 6-4 7-6(5) ●アルフィー・ヒュウェット(イギリス)[2]


<女子シングルス>
【準決勝】
〇ディーダ・デ グロート(オランダ)[1] 6-4 6-2 ●ジョーダン・ワイリー(イギリス)[4]


アニーク・ファンクォト(オランダ)[3] 2-6 2-6 〇上地結衣(日本/三井住友銀行)[2]


(テニスデイリー編集部)


※写真は「東京パラリンピック」での上地(左)と国枝
(Photo by Toru Hanai/Getty Images for International Paralympic Committee)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu