マイページ

オリンピック

錦織、ジョコビッチに敗れる。柴原/マクラクランは準々決勝敗退[東京オリンピック]

「東京オリンピック」での錦織(右)とジョコビッチ(左)

7月29日、「東京オリンピック」(日本・東京/7月24日~8月1日/ハードコート)のテニス競技の6日目で男子シングルス準々決勝、女子シングルスと男子・女子ダブルスの準決勝、混合ダブルスの準々決勝が行われた。男子シングルスの錦織圭(日本/日清食品)は準々決勝敗退、混合ダブルスの柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)とマクラクラン勉(日本/イカイ)もベスト8に終わった。大会公式ウェブサイトが伝えている。

男子シングルスでは、錦織が第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)に2-6、0-6でストレート負け。サーブの確率ではジョコビッチを上回ったが、レシーブで苦戦し、1度しかブレークポイントを手にできなかった。勝ったジョコビッチは第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)との準決勝に臨むことになる。ベスト8に残っていたロシア勢、第2シードのダニール・メドベージェフと第12シードのカレン・ハチャノフは明暗が分かれることに。ハチャノフはフルセットの末に第14シードのユーゴ・アンベール(フランス)を下してベスト4に入ったが、メドベージェフは過去4度の対戦で1度しか負けたことのなかった第6シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に2敗目を喫した。


女子シングルスの決勝カードがついに決定。ともにオリンピック初出場の第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と世界42位のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が金メダルをかけて争うことになった。ベンチッチは第14シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)との2時間44分に及ぶ熱戦を制して、3回戦で大坂なおみ(日本/日清食品)から金星をあげたボンドルソバは準決勝で第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)をストレートで下している。


男子ダブルスでは、第1シードのクロアチア組(ニコラ・メクティッチマテ・パビッチ)が順当に決勝行きを決めた一方、もう一組はノーシードのクロアチア組(マリン・チリッチイバン・ドディグ)という同国同士の組み合わせに。クロアチア勢同士がオリンピック決勝で争うのは初となる。


女子ダブルスでは、ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)と組んだベンチッチが女子シングルスに続いて決勝進出。第1シードのチェコ組(バーボラ・クレイチコバカテリーナ・シニアコバ)と対戦する。


混合ダブルスの柴原/マクラクラン組は、第4シードのロシア組(アナスタシア・パブリウチェンコワアンドレイ・ルブレフ)と対戦。第1セットを落とすも、第2セットをタイブレーク7-0で制し、セットカウント1-1に。しかし最後はルブレフにフォアハンドや強烈なサービスを決められ、ベスト8に終わった。第2シードのギリシャ組(マリア・サカーリステファノス・チチパス)が消える中、アシュリー・バーティ(オーストラリア)のペア、ジョコビッチのペアなどが勝ち進んでいる。


<男子シングルス>
【準々決勝】
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-2 6-0 ●錦織圭(日本/日清食品)


パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[6] 6-2 7-6(5) ●ダニール・メドベージェフ(ロシア)[2]


アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4] 6-4 6-1 ●ジェレミー・シャルディ(フランス)


カレン・ハチャノフ(ロシア)[12] 7-6(4) 4-6 6-3 ●ユーゴ・アンベール(フランス)[14]


<女子シングルス>
【準決勝】
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[4] 3-6 1-6 〇マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)


ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[9] 7-6(2) 4-6 6-3 ●エレナ・リバキナ(カザフスタン)[15]


<男子ダブルス>
【準決勝】
ニコラ・メクティッチマテ・パビッチ(クロアチア)[1] 6-4 6-4 ●オースティン・クライチェクテニス・サングレン(アメリカ)


マーカス・ダニエルマイケル・ビーナス(ニュージーランド) 2-6 2-6 〇マリン・チリッチイバン・ドディグ(クロアチア)


<女子ダブルス>
【準決勝】
バーボラ・クレイチコバカテリーナ・シニアコバ(チェコ)[1] 6-3 3-6 [10-6] ●ベロニカ・クデルメトワエレナ・ベスニナ(ロシア)


●Laura Pigossi/Luisa Stefani(ブラジル) 5-7 3-6 〇ベリンダ・ベンチッチビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)


<混合ダブルス>
【準々決勝】
柴原瑛菜マクラクラン勉(日本) 5-7 7-6(0) [8-10] 〇アナスタシア・パブリウチェンコワアンドレイ・ルブレフ(ロシア)[4]


アシュリー・バーティジョン・ピアース(オーストラリア) 6-4 4-6 [10-6] ●マリア・サカーリステファノス・チチパス(ギリシャ)[2]


ラウラ・シグムンドケビン・クラウィーツ(ドイツ) 1-6 2-6 〇ニーナ・ストヤノビッチノバク・ジョコビッチ(セルビア)


エレナ・ベスニナアスラン・カラツェフ(ロシア) 6-4 6-4 ●イガ・シフィオンテクルーカシュ・クボト(ポーランド)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「東京オリンピック」での錦織(右)とジョコビッチ(左)
(Photo by Swen Pförtner/picture alliance via Getty Images)

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu