マイページ

オリンピック

日本人ペアのほかジョコビッチ、バーティも出場!混合ダブルスのドローが明らかに[東京オリンピック]

ジョコビッチ(左)とバーティ(右)

7月24日から男子・女子シングルス、男子・女子ダブルスが行われている「東京オリンピック」(日本・東京/7月24日~8月1日/ハードコート)のテニス競技。その混合ダブルスのエントリーが本日27日に締め切られ、シードドローが大会公式ウェブサイトで発表された。全16チームによる戦いは28日から開始となる。

シードは4組で、第1シードはクリスティーナ・ムラデノビッチニコラ・マウ(フランス)、第2シードはマリア・サカーリステファノス・チチパス(ギリシャ)、第3シードはベサニー・マテック サンズラジーブ・ラム(アメリカ)、第4シードはアナスタシア・パブリウチェンコワアンドレイ・ルブレフ(ロシア)。そのほかにも、ノーシードながら世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アシュリー・バーティ(オーストラリア)という「ウィンブルドン」男女チャンピオン、イガ・シフィオンテク(ポーランド)などシングルスで世界トップ10の面々が出場する。


開催国の日本からは、ともにダブルスで実績を残している柴原瑛菜マクラクラン勉ペアが参戦。1回戦ではカザフスタン組(ヤロスラーワ・シュウェドワアンドレイ・ゴルベウ)と対戦する。なお、日本人ペアは第2シードのギリシャ組、第4シードのロシア組と同じボトムハーフに入った。


1回戦の組み合わせは以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


クリスティーナ・ムラデノビッチニコラ・マウ(フランス)[1]vsエレナ・ベスニナアスラン・カラツェフ(ロシア)


パウラ・バドーサ ジベルトパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)vsイガ・シフィオンテクルーカシュ・クボト(ポーランド)


ベサニー・マテック サンズラジーブ・ラム(アメリカ)[3]vsラウラ・シグムンドケビン・クラウィーツ(ドイツ)


ニーナ・ストヤノビッチノバク・ジョコビッチ(セルビア)vs Luisa Stefani/マルセロ・メロ(ブラジル)


ヤロスラーワ・シュウェドワアンドレイ・ゴルベウ(カザフスタン)vs柴原瑛菜マクラクラン勉(日本)


ダリヤ・ユラクイバン・ドディグ(クロアチア)vsアナスタシア・パブリウチェンコワアンドレイ・ルブレフ(ロシア)[4]


アシュリー・バーティジョン・ピアース(オーストラリア)vsナディア・ポドロスカホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)


ガブリエラ・ダブロウスキーフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)vsマリア・サカーリステファノス・チチパス(ギリシャ)[2]


(テニスデイリー編集部)


※写真はジョコビッチ(左)とバーティ(右)
(Photo by Karwai Tang/WireImage)
(Photo by Peter Nicholls - Pool/Getty Images)

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu