マイページ

オリンピック

土居、錦織/マクラクランは白星スタート。ダニエル、杉田、日比野/二宮が1回戦敗退[東京オリンピック]

「東京オリンピック」での錦織圭とマクラクラン勉

本日ついにスタートした「東京オリンピック」(日本・東京/7月24日~8月1日/ハードコート)のテニス競技。大会1日目には男子・女子シングルス、男子・女子ダブルスの1回戦が行われ、日本人選手も多数出場した。大会公式ウェブサイトが伝えている。

男子シングルスではダニエル太郎(日本/エイブル)、杉田祐一(日本/三菱電機)がそれぞれイタリアのシード選手と対戦。ダニエルはロレンツォ・ソネゴから第1セットを取ったが、その後の2セットをいずれもタイブレークの末に僅差で落とし逆転負け。杉田は第1セットでファビオ・フォニーニに8回ブレークポイントを握られながらもしのいでいたが、第9ゲームでついにブレークを許してしまう。第2セットでも先にリードされ、第8ゲームでの追いつく機会を生かせなかった。他には、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)らシード選手が順当に2回戦へ駒を進めている。


女子シングルスでは、土居美咲(日本/ミキハウス)が世界133位のRenata Zarazua(メキシコ)に快勝。第1セットで4-0とリード、第2セットでも早々に2ゲームを破り、6-3 6-2で勝利した。日比野菜緒(日本/ブラス)は世界90位のニーナ・ストヤノビッチ(セルビア)を先にブレークしたが、その後6ゲーム連取されてストレート負け。その他では、このオリンピックを最後に現役から退くと話していたキキ・バーテンズ(オランダ)がシード選手で唯一の初戦敗退。


男子ダブルスでは、マクラクラン勉錦織圭ペア(日本)がポルトガル組(ジョアン・ソウザペドロ・ソウザ)に一度もブレークポイントを許さず、6-1、6-4の快勝。そんな中、この日最も番狂わせが相次いだのがこの男子ダブルスで、第2シードで今年の「全仏オープン」も制していたフランスのピエール ユーグ・エルベールニコラ・マウ組が初戦敗退。破ったのはアンディ・マレージョー・ソールズベリー(イギリス)だった。マレーといえば、兄のジェイミーも、アルゼンチンのペアを下して2回戦へ進んでいる。第2シード以外にも、フベルト・フルカチュが出場しているポーランド組、カレン・ハチャノフアンドレイ・ルブレフによるロシア組が1回戦で姿を消した。


女子ダブルスでは、日比野菜緒二宮真琴ペア(日本)ペアが第6シードのアシュリー・バーティ/ストーム・サンダース(オーストラリア)に1-6、2-6で敗戦。試合開始直後から4ゲームを連取され、第2セットでもサーブが安定している相手を崩せなかった。他には、ダブルスで世界1位のエリース・メルテンス擁するベルギー組がスペイン組(ガルビネ・ムグルッサカルラ・スアレス ナバロ)にストレート負け。第5、第7シードも初戦敗退を喫した。


それぞれの試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【1回戦】
ダニエル太郎(日本/エイブル) 6-4 6-7(6) 6-7(3) 〇ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)[13]


ファビオ・フォニーニ(イタリア)[15] 6-4 6-3 ●杉田祐一(日本/三菱電機)


ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-2 6-2 ●ウーゴ・デリエン(ボリビア)


アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン) 4-6 6-7(8) 〇ダニール・メドベージェフ(ロシア)[2]


アスラン・カラツェフ(ロシア)[11] 6-3 6-2 ●トミー・ポール(アメリカ)


ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア) 3-6 4-6 〇ジョン・ミルマン(オーストラリア)


ペドロ・ソウザ(ポルトガル) 3-6 0-6 〇アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)[16]


ヤン レナード・ストルフ(ドイツ) 6-3 6-4 ●チアゴ・モンテーロ(ブラジル)


ニコラス・バシラシビリ(ジョージア) 6-3 6-2 ●ロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)


ジェレミー・シャルディ(フランス) 6-1 7-6(4) ●Marcelo Tomas Barrios Vera(チリ)


ユーゴ・アンベール(フランス)[14] 7-6(3) 6-1 ●パブロ・アンドゥハル(スペイン)


カミル・マイクシャク(ポーランド) 4-6 2-6 〇ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)


イゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)4-6 6-3 6-4 ●ジル・シモン(フランス)


スミト・ナガル(インド) 6-4 6-7(6) 6-4 ●デニス・イストミン(ウズベキスタン)


<女子シングルス>
【1回戦】
土居美咲(日本/ミキハウス) 6-3 6-2 ●Renata Zarazua(メキシコ)


ニーナ・ストヤノビッチ(セルビア) 6-3 6-3 ●日比野菜緒(日本/ブラス)


イガ・シフィオンテク(ポーランド)[6] 6-2 6-2 ●モナ・バートル(ドイツ)


ザリナ・ディアス(カザフスタン) 2-5(RET) 〇バーボラ・クレイチコバ(チェコ)[8]


ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[9] 6-3 6-3 ●ジェシカ・ペグラ(アメリカ)


レイラ・フェルナンデス(カナダ) 6-3 3-6 6-0 ●デヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)


アンナ レナ・フリードサム(ドイツ) 7-6(5) 6-3 ●ヘザー・ワトソン(イギリス)


サマンサ・ストーサー(オーストラリア) 4-6 2-6 〇エレナ・リバキナ(カザフスタン)[15]


マリア・サカーリ(ギリシャ)[14] 7-5 6-2 ●アネット・コンタベイト(エストニア)


キキ・バーテンズ(オランダ)[16] 4-6 6-3 4-6 〇マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)


サラ・エラーニ(イタリア) 0-6 1-6 〇アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[13]


●Maiar Sherif(エジプト) 5-7 6-7(1) 〇レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)


パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン) 6-7(4) 6-3 6-0 ●クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)


マリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア) 4-6 1-6 〇ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)


ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)6-7(0) 7-5 6-4 ●アリソン・リスク(アメリカ)


<男子ダブルス>
【1回戦】
マクラクラン勉錦織圭(日本) 6-1 6-4 ●ジョアン・ソウザペドロ・ソウザ(ポルトガル)


アンディ・マレージョー・ソールズベリー(イギリス) 6-3 6-2 ●ピエール ユーグ・エルベールニコラ・マウ(フランス)[2]


ニコラ・メクティッチマテ・パビッチ(クロアチア)[1] 7-6(6) 6-4 ●マルセロ・デモリネルマルセロ・メロ(ブラジル)


ヤン レナード・ストルフアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 6-2 7-6(5) ●フベルト・フルカチュルーカシュ・クボト(ポーランド)[5]


カレン・ハチャノフアンドレイ・ルブレフ(ロシア)[6] 7-6(3) 6-7(5) [10-12] 〇ラジーブ・ラムフランシス・ティアフォー(アメリカ)


アレクサンダー・ブブリクアンドレイ・ゴルベウ(カザフスタン) 7-6(4) 6-7(3) [8-10] 〇ジェレミー・シャルディガエル・モンフィス(フランス)


アンドレス・モルテニホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン) 7-6(3) 4-6 [11-13] 〇ジェイミー・マレーニール・スクプスキー(イギリス)[7]


ヴェスレイ・クールホフジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)[8] 6-3 7-6(5) ●サンダー・ジレヨラン・フリーゲン(ベルギー)


ケビン・クラウィーツ/ティム・プッツ(ドイツ) 6-2 6-1 ●ファクンド・バグニスディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)


<女子ダブルス>
【1回戦】
日比野菜緒二宮真琴(日本) 1-6 2-6 〇アシュリー・バーティ/ストーム・サンダース(オーストラリア)[6]


ガルビネ・ムグルッサカルラ・スアレス ナバロ(スペイン) 6-3 7-6(4) ●エリース・メルテンスアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)


アリゼ・コルネフィオナ・フェロ(フランス) 6-2 6-4 ●エリナ・スビトリーナデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)


シュー・イーファンヤン・ザオシャン(中国) 4-6 6-4 [18-16] ●アレクサンドラ・クルニッチニーナ・ストヤノビッチ(セルビア)


ガブリエラ・ダブロウスキーシャロン・フィッチマン(カナダ)[7] 6-7(3) 4-6 〇Laura Pigossi/Luisa Stefani(ブラジル)


チャン・ハオチンチャン・ラティーシャ(台湾)[5] 5-7 6-1 [6-10] 〇モニカ・ニクレスク/ラルカ・オラル(ルーマニア)


ベロニカ・クデルメトワエレナ・ベスニナ(ロシア) 6-2 7-5 ●アンナ レナ・フリードサムラウラ・シグムンド(ドイツ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「東京オリンピック」での錦織圭マクラクラン勉
(Photo by Adam Pretty/Getty Images)

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu