マイページ

オリンピック

東京五輪 テニスは来年7月24日から。新たな競技日程が発表

2016年リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得したデル ポトロ(左)、マレー(中央)、錦織(右)

新型コロナウイルスの影響により、開催が1年延期された東京オリンピック。17日、大会公式サイトで新たな大会スケジュールが公開された。

新たな日程では、東京オリンピックは今年予定されていたより1日前倒しの2021年7月23日から8月8日まで開催予定。テニス競技も同様に1日前倒しで、7月24日から8月1日までの9日間の予定となった。時間帯や会場は従来通りで、11時から20時の時間帯(7月30日から8月1日は12時開始)に、江東区の有明コロシアムを含む有明テニスの森にて行われる。


東京オリンピックでのテニス競技は、シングルス(男子・女子)とダブルス(男子・女子・混合)の計5種目が行われる予定。試合は2セット先取の3セットマッチ。男女シングルスはそれぞれ64人がメダルを争うトーナメントで、1ヶ国最大4名までのエントリーとなる。


2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本勢として96年ぶりにテニス競技でメダルを獲得した錦織圭(日本/日清食品)。準決勝でアンディ・マレー(イギリス)に敗れたものの、3位決定戦でラファエル・ナダル(スペイン)に勝利し、銅メダルに輝いた。


その錦織は現在、8月14日の「ATP500 ワシントンD.C.」から再開予定のツアーに向けて着々と準備をしており、右肘手術からの完全復活が期待されている。


また英Express紙によると、今年8月に39歳になるロジャー・フェデラー(スイス)も「2021年の東京オリンピックに出たい」と明言している。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得したデル ポトロ(左)、マレー(中央)、錦織(右)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu