マイページ

オリンピック

錦織が96年ぶりに日本テニスへメダルをもたらした日

2016年「リオデジャネイロオリンピック」での錦織圭

2016年の「リオデジャネイロオリンピック」男子テニスシングルスで、日本テニスに96年ぶりのメダルとなる銅メダルをもたらした錦織圭(日本/日清食品)。当時の3位決定戦のハイライト動画を「#Tokyo2020」のTwitterがシェアしている。

当時錦織は世界7位で出場。2008年の「北京オリンピック」は1回戦敗退(当時世界124位)、2012年の「ロンドンオリンピック」はベスト8(当時世界17位)だったが、この時は更に勝ち上がり準決勝へ進出。アンディ・マレー(イギリス)に敗れたものの、3位決定戦に臨んだ。


相手となるラファエル・ナダル(スペイン)にはそれまで1勝9敗だったが、このメダルがかかった大一番で錦織は躍動。ロブドロップショットでナダルを翻弄し、第1セットを6-2で先取すると、第2セットも5-2と銅メダルまであと1ゲームに迫る。しかし、「北京オリンピック」の金メダリストでもあるナダルが意地を見せ、タイブレークの末に第2セットを奪われた。


それでも、気落ちしなかった錦織は第3セットでマッチポイントを握る。そして最後は錦織のボディサーブをナダルがリターンしきれず、錦織の銅メダル獲得が決まった。


今年予定されていた「東京オリンピック」は新型コロナウイルスの影響で、2021年への延期が決まっている。1年先送りとなったが、昨年右肘を手術し、まだツアーが中断していなかった今年3月時点でも公式戦への復帰ができていなかったことを考えると、完全復活でメダルを目指す錦織にとっては良かったのかもしれない。


来年、東京の地で錦織がまたメダルを獲得してくれることが期待される。


【錦織の「リオデジャネイロオリンピック」の戦績】
1回戦:当時世界33位 アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン) 6-2、6-4
〇2回戦:当時世界74位 ジョン・ミルマン(オーストラリア) 7-6(4)、6-4
〇3回戦:当時世界121位 アンドレイ・マルティン(スロバキア) 6-2、6-2
〇準々決勝:当時世界11位 ガエル・モンフィス(フランス) 7-6(4)、4-6、7-6(6)
準決勝:当時世界2位 アンディ・マレー(イギリス) 1-6、4-6
〇3位決定戦:当時世界5位 ラファエル・ナダル(スペイン) 6-2、6(1)-7、6-3


(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年「リオデジャネイロオリンピック」での錦織圭
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu