マイページ

オリンピック

大坂、錦織との東京五輪ダブルスは「ぜひとも出場したいです」。夢のペア結成はなるか

「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)女子シングルスで、同大会4年連続の3回戦進出を決めた第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)。試合後の記者会見で、2020年東京オリンピックでの錦織圭(日本/日清食品)との混合ダブルスの可能性について、記者の質問に答えた。

これに先んじて、「全米オープン」大会前記者会見の中で錦織が「(混合ダブルス出場については)正直、まだあまり考えていません。ちょっと分かりませんけど、後でなおみちゃんに話してみます」と発言していた。


「全米オープン」公式サイトによるとこれを受けて記者から、錦織選手から混合ダブルスの話を持ちかけられたらどんな返事をするか、と質問された大坂。「(もし話を持ちかけられたら)私は出場するでしょう。ぜったいに彼(錦織)と一緒にプレーします」と答え、かなり乗り気である様子だ。


一方で、ダブルスの通算成績は下部大会も含めて2勝14敗の大坂は「ただ、人生で初めてダブルスの練習をしなくてはダメですね」と話した。「だって東京開催のオリンピックで錦織圭選手と混合ダブルスに出場して、1回戦で負けることなんてできないでしょう。そんなことになってしまったら大変なことで、きっと私は泣いてしまいます」


「もし実現できたら、ある意味歴史的なことだと思います。ぜひとも出場したいですけど、私はダブルスの練習が必要ですね」


大坂と錦織の2人は2018年「日清食品ドリームテニスNAGOYA」において、エキシビションマッチでペアを組んだことがある。その後公式戦でのペア実現の可能性を聞かれた際には、錦織が「またいつか組めたらいいなと思う」と話し、大坂は「楽しい。でも練習が必要」と笑顔で返すという場面も見られた。


ただ、暑くて湿度の高くなるであろう東京オリンピックの時期。錦織は先日の記者会見で、男子シングルスと男子ダブルスに加えて3種目めにも出場するのは難しいかもしれないとも話している。


東京オリンピックでの夢のダブルスは実現するのか。今後も二人に注目が集まる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う! 

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継 [第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

オリンピックの関連記事

PAGE TOP
menu