オリンピック

東京五輪、男子シングルス決勝も3セットマッチに。ITFが形式変更を発表

2016年リオ五輪での、左からフアン マルティン・デル ポトロ、アンディ・マレー、錦織圭

国際テニス連盟(ITF)が3日、2020年東京五輪の男子シングルス決勝を5セットマッチから、3セットマッチに変更すると発表した。

これにより、男子及び女子シングルスの全ての試合は、タイブレークを伴う3セットマッチとなる。


このほかの変更点として、男子と女子のダブルスではセットカウントが1-1となった場合、混合ダブルスと同様に、10ポイント先取のタイブレークが導入される。


国際テニス連盟は、これらの変更について「シングルス、ダブルス、混合ダブルスの3つすべてで、後半まで勝ち残った選手の過剰なプレーに対する不安を軽減することになる」と述べた。


(C)AP(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年リオ五輪での、左からフアン マルティン・デル ポトロアンディ・マレー錦織圭
(Photo by Ian MacNicol/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu