マイページ

オフコート

ナダル、小さなラケットで見事なバックハンドスマッシュ!

写真は「全仏オープン」V13の瞬間のナダル

テニスの元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)は先日、彼にラケットを提供しているバボラ社の企画したメディアイベントで、華麗な技を披露してみせた。Tennis ChannelのTwitterに投稿された動画で、ナダルは素晴らしいラリーのスキルと手首のスナップを見せている。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

テニスボールのような明るい黄色の台は、卓球台よりだいぶ小さく、テニスコート状のラインが引かれており、ボールは卓球のボールらしい。ラケットは卓球のものより小さく見えるが、形はテニスラケットで、ガットが張られているようだ。ジーンズにジャケット姿のナダルはやはりジャケット姿の男性と打ち合い、相手は何度かミスをしているが、ナダルはまったくミスをしない。本物のテニスコートに立っている時と同様だ。最後にナダルは見事なバックハンドスマッシュを決めて、笑顔を見せた。


このイベントはパリで行われたが、そのパリでは現在シーズン最後のマスターズ大会「ATP1000 パリ」が開催されている。だが足の怪我から回復中のナダルはそちらには参加していない。マヨルカ島の自身のアカデミーでトレーニングは開始したようだが、実戦復帰にはまだ時間が必要だろう。


とはいえナダルは先日、12月にUAEのアブダビで開催されるエキシビション大会「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」に出場を考えているというファンには嬉しいニュースを明かした。


「計画では12月にアブダビでプレーして、その後はオーストラリアの大会に参加してから“全豪オープン”に出るつもりだ。それが目標だよ。今はそれを実現するために全力で頑張っている」と語っていたナダル。1日も早い復帰が待たれる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)






今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu