マイページ

オフコート

インフルエンサーとなったセレナの娘の人形で巨大ビジネス?

2020年「ASBクラシック」でのセレナと娘

元世界女王セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の娘オリンピアちゃんの人形カイカイが、巨大ビジネスへと成長する兆しを見せている。米ビジネス情報メディア Black Enterpriseなど複数のメディアが報じた。

セレナは4歳のオリンピアちゃんがもっと幼かった頃に、「私の幼い頃は黒人の人形は少なかったけど、娘にはちゃんと黒人の人形をあげたかった」という思いで黒人の人形を贈っている。カイカイと名付けられたこの人形からインスピレーションを得たセレナはその後、この人形を3Dアニメ化させ、カイカイ専用のInstagramアカウントにはアニメ版カイカイがオリンピアちゃんやセレナと一緒に登場するようになった。やがて人格が形成され、単独での動画も作られるようになったカイカイは現在、SNS上で320万以上のフォロワーを抱える。Instagram、Twitter、TikTokのアカウントはすべて、アカウントが信頼に値するものであることを示すブルーの認証済みバッジを得ており、メンタルヘルスや人種、女性の地位向上などの社会問題についても触れるカイカイは、もはや立派なインフルエンサーだ。


オリンピアちゃんがカイカイとの間に育んできた絆をほかの子にも経験してもらいたかったと話すセレナは、3Dアニメ化されたカイカイそっくりの人形を作り、Amazonで販売。先月には、セレナの夫でありソーシャルニュースサイト「Reddit」の共同創業者でもあるアレクシス・オハニアン氏が、ソフトウェア会社のAdobeと提携して、カイカイの塗り絵を無料でダウンロードできるようにした。その思いをオハニアン氏はこう話す。「私は父親として、子どもたちが新しいことに挑戦し、共感できるロールモデルを見つけるよう励ますことが重要だと考えています。だからこそ、私の娘のような幼い女の子が夢を追いかけるきっかけとなるような存在として、カイカイ以上のパートナーはいないと思いました」


また、オハニアン氏は別のインタビューで自身の仕事観についても語っている。「少しずつでも前進することが正しい方向への一歩につながると思います。今後も、私のような人間、つまり権力や影響力を持ち、特権的な立場にある人間には、様々なことにスポットライトを当て、支援、支持し、仕事をする方法を見つけることが求められていると考えています」


とあるイラストレーターはカイカイの性格を「おバカで真面目。スマートでおっちょこちょい。クールでオタクっぽい。おてんばでガーリーで、その間に存在するすべてのもの」と表現しており、多様性が求められる現代にぴったりのキャラクターと言える。カイカイの人形を抱えながらカイカイの塗り絵を塗ったり、そのSNSを楽しんだりする子どもたちがこれからも増えることだろう。「目標はもう一つのピクサーを作ること」と、『トイ・ストーリー』シリーズをはじめ数多くのアニメ作品をヒットさせてきた大手アニメーションスタジオを目標にするオハニアン氏は、ほかにもカイカイのビジネスをいくつも計画していると語っている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「ASBクラシック」でのセレナと娘
(Photo by Hannah Peters/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu