マイページ

オフコート

チチパス、Twitterでファンからの質問に答える。顔つきのシューズも発売!

「ATP1000 トロント」でのチチパス

世界ランキング3位のステファノス・チチパス(ギリシャ)は、週末にTwitter上でファンからの質問を受け付け、あるアスリートを賞賛していることや、大好きなバンドや映画などについて語った。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じている。

チチパスは「ATP1000 インディアンウェルズ」の準々決勝で、世界36位のニコラス・バシラシビリ(ジョージア)にフルセットで敗れる波乱に見舞われた。インディアンウェルズでの滞在が予想外に短く終わったことを受け、チチパスは日曜日の朝に「#AskStefanos(ステファノスに聞こう)」というハッシュタグを作り、24時間の間に質問を送るようファンに呼びかけた。楽し気なやり取りの中で、23歳のチチパスは自身の個人的な好みや嗜好をたくさん明かした。


NBAで2度MVPに輝いたギリシャ出身のプロバスケットボール選手ヤニス・アデトクンボをチチパスが崇拝していることはよく知られている。昨年、チチパスは「Greek Freak(ギリシャの変わり種)」の愛称を持つアデトクンボと、やはりギリシャの棒高跳び選手エマヌイル・カラリスと会い、自分を入れた3人を「3銃士」と表現していた。だから自然なことだが、あるファンがテニス以外で一番好きなスポーツ選手を尋ねると、チチパスはすぐさまアデトクンボの名を挙げた。


チチパスはまた、最も刺激を受けた映画はアカデミー賞受賞映画「スラムドッグ・ミリオネア」だと明かした。子どもの頃から一番好きだったバンドについて聞かれるとイギリスのコールドプレイ(Coldplay)の名を挙げ、同じ音楽関係では、オデッザ(Odesza)のスタジオアルバム「A Moment Apart」が一番好きなアルバムだと答えた。


彼がギリシャの歴史や哲学を愛しているのは周知の事実だ。チチパスは、ソーシャルメディアへの投稿に著名な哲学者の言葉の引用を散りばめることがよくある。そのため、古代ギリシャの歴史を最大のひらめきの源泉と呼び、大学で勉強したい科目は歴史だと答えたことは、驚くにはあたらない。さらに、一番好きなギリシャの哲学者はプラトンだと明かした。また、テニスと家族と友人以外で、人生で一番大切なものは何かという質問には、教育と回答している。


一番好きなデザートは何かという質問には「Portokalopita」と答え、これは「典型的なギリシャのケーキで、甘いオレンジが主な材料」であるという説明を添えた。そして旅をして自身の経験をVlog(ブログの動画版)で発信するのが好きなチチパスは、教養を高めるために訪れたい場所として、ブータンを挙げた。


16歳の弟パブロスはチチパスより背が高いかと聞かれると、次のように答えた。「弟はすごく背が高くて、岩につまずいて月にぶつかったよ」。魔法を使えたら何をしたいかと別のファンが聞くと、冗談めかしてこう答えた。「ドロップショットを打ってボールを消す」


テニス界でのチチパスは、看板男としてよく知られている。今年の「全米オープン」前には、ソーシャルメディアの有名人「Dude With Sign(看板を持った男)」とのコラボレーションもしていた。次の「#StefwithSign(看板を持ったステファノス)」の投稿がどんなものになるかのヒントを乞われると、チチパスは2020年「全米オープン」覇者のドミニク・ティーム(オーストリア)をタグ付けし、次はティームと組む可能性があるという憶測を呼び起こした。


なお、チチパスは、最近のSNSへの投稿で「シューズに誰の顔が描かれていると思う?」と書かれた看板を持った自身の写真を載せ、チチパスの顔がプリントされたシューズがアディダスから発売されたことを知らせていた。白地のスニーカーで、足の甲の上に出るタンの部分に青色でチチパスの顔がプリントされたこのシューズは、アディダスのウェブサイトから、ヨーロッパと日本でのみ購入できるという。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 トロント」でのチチパス
(Photo by Julian Avram/Icon Sportswire via Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu