マイページ

オフコート

超お嬢様選手が結婚式10日前も大会でプレー?!

「WTA1000 ドバイ」でのペグラ

「WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/10月6日~10月17日/ハードコート)で、ベスト8まで勝ち進んだ第19シードジェシカ・ペグラ(アメリカ)。準々決勝で、元世界女王のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に敗れ大会を後にしたが、そんな彼女には大切な予定が控えているようだ。米テニスメディアBaselineが伝えている。

今年の「全豪オープン」で強豪を次々と破り、準々決勝まで勝ち進んで注目を集めたペグラは、その後も失速することなく、「WTA1000 ドバイ」、「WTA1000 ローマ」、「WTA500 ベルリン」でベスト8、「WTA500 ドーハ」と「WTA1000 モントリオール」でベスト4と数々の大会で結果を残し、現在は世界ランキング24位となっている。


「インディアンウェルズ」大会でも健闘した彼女だが、準々決勝の前日のインタビューで「(優勝して)来週の日曜か月曜に帰りたいな。でも私、来週の金曜日に結婚することになっているの」と話し、実はかねてより交際していたTaylor Gahagen氏との結婚を10月22日(金)に控えていることを明かした。


「だから、ここでまだプレーしているのって奇妙な感じ。でも、素晴らしいことね。やれるだけインディアンウェルズでプレーして、それから結婚するだけ。悪くない数週間でしょう」と語っていたが、翌日の試合でアザレンカに敗れたため、幸か不幸か、金曜日の結婚式には十分間に合いそうだ。


また、結婚式に招待している友人のジェニファー・ブレイディ(アメリカ)について懸念していることがあるという。「彼女を招待したんだけど、少し心配。彼女がドレスを持っているのかわからないから。いつも探しに行くとは言ってるんだけど、私が聞くたびに“ええ、今日見に行く“って言うから、私は“どうせ行かないんでしょ”っていう感じ。彼女、いつもそうなの」


さらに、「マディソン・キーズ(アメリカ)と話してたとき、彼女(ブレイディ)がオーランドに戻ったら、“ねえ、私が着られるようなドレス持ってない?”ってなるに違いないって言うの。だから、全く(ブレイディを)信用してないわ」とも話し、友人からみたブレイディの意外な一面が明らかになった。


テニスのキャリアもさることながら、実は両親がアメリカ有数の富豪であることでも知られるペグラ。米経済誌のForbesによれば、父親の資産は54億ドル(約6,150億円)。そんな超お嬢様を射止めたお相手のGahagen氏について定かな情報は公開されていないが、大学野球でプレーし、ユースホッケーの指導の経験もある元アスリートで、現在はシニア投資アナリストとしてペグラの両親と共に仕事をしているという。


公私ともに順調なペグラの今後の活躍に注目だ。


※為替レートは2021年10月15日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA1000 ドバイ」でのペグラ
(Photo by Francois Nel/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu