マイページ

オフコート

テニス選手でなくバスケ選手になれば良かった?オペルカがテニス界やメディアを痛烈批判

「全米オープン」でのオペルカ

世界ランキング20位のライリー・オペルカ(アメリカ)が、米テニスメディア Inside Tennisとのインタビューの中でテニス界での様々なトピックについて辛辣に語った。伊ニュースサイト UBI Tennisなど複数のメディアが報じている。

今年9月にキャリアハイの19位に到達、アメリカ人男子選手のトップに立つオペルカは現在24歳。2015年にプロに転向して以来、グランドスラムの本戦に12回出場し、2019年の「ATP250 ニューヨーク」と2020年の「ATP250 デルレイビーチ」でタイトルを手にし、今年8月の「ATP1000 トロント」では準優勝。準決勝で世界3位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を下し、決勝では世界2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)に敗れたが、初めてマスターズ1000大会のファイナリストとなった。


そんなオペルカは、近年アメリカ男子の低迷が叫ばれることなどに以前から反論していたが、今回のインタビューでもよほど腹に据えかねることがあったのか、メディアを痛烈に批判した。「テニスメディアは本当に酷い。レベルの低い記者が何人かいる。テニスのことを何もわかっていないヤツに限って批判的なんだ。はっきり言って、テニスを扱うメディアは最悪だ」


また、1990年代にアメリカのテニス界を牽引したピート・サンプラスアンドレ・アガシといったレジェンドと常に比べられることにうんざりしているそうで、大きな大会で自分がいくら勝ち進んでも、今のアメリカの男子選手たちが衰退している理由やグランドスラムで優勝できないことについてばかり質問されると明かした。オペルカはそういうメディアに向けて「サンプラスとアガシからはいい加減に卒業しろよ。もう終わったことなんだから、いちいち持ち出すのは止めてくれ。時代は変わったんだ。今は2021年。もう1980年代や1990年代じゃないんだから、前に進もうぜ」とコメントしている。


テニスをわかっていないメディアの一例として、オペルカは2020年の「全仏オープン」でパンデミックの影響により混合ダブルスが行われなかったことに「これこそが本当のグランドスラムですよね」と言ったジャーナリストがいたと発言。こういうメディアがテニスの足を引っ張っていると唱えつつも、混合ダブルスの在り方に対しても疑問を呈した。「混合ダブルスなんてない方がいい。完全に廃止すべきだ。チケットなんて全然売れてないじゃないか。誰も気にしてない、見てない、やってほしいとも思っていない。廃止してその分の賞金を女子と男子の予選に回せばいい。チケットの売上に貢献している人たちをもっと大切にしてほしい」


さらにオペルカは劣悪なジャーナリストを名指しにはしたくないと言いつつも、「全米オープン」を担当したESPNのあるスポーツキャスターのことは名前を挙げた。そのキャスターは、18歳のカルロス・アルカラス(スペイン)が準々決勝で棄権した際、形勢が悪くなったから途中で諦めた、という旨のツイートをしており、アルカラスのこともテニスのことも何も知らずに決めつけていたと批判。のちにアルカラスは太腿の筋肉を断裂していたと明かしている。


また、先日の「レーバー・カップ」でチーム・ヨーロッパ(欧州選抜)に1-14と大敗したチーム・ワールド(世界選抜)の一員だったオペルカは、アメリカの男子選手が伸び悩む背景についてこう説明する。「ヨーロッパでのメジャースポーツはサッカーとテニスなのに対して、アメリカだとアメリカンフットボール、野球、バスケットのどれかだ。テニスよりもサッカーやラクロスの方が人気だね。世界で最も優れたアスリートはアメリカ人だけど、みんなバスケットかアメリカンフットボールを選ぶ。そりゃそうだよな。僕もバスケットをやれば良かったよ。身長211cmにしては動けるし、自分は優秀なアスリートだと思ってる。仮にNBAのトップ20に入るような選手だったら、国内にいながら年に2800万ドル(約31億6000万円)は稼げていただろう。だけど実際の僕は世界中を移動しながら必死に努力しているのに、収入はもっと少ないんだ」


オペルカは現在「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/10月7日~10月17日/ハードコート)に出場しているが、その大会に対しても不満をぶちまけた。彼によれば、運営側は大会のステータスを上げるのに必死で、選手の写真撮影に4、5時間かけることもあり、テニスそのものは二の次のように扱われているとのこと。「だから一番嫌いな大会なんだ」とここでも辛口なコメントを口にしたオペルカは、第16シードのため1回戦は免除、2回戦では世界123位のダニエル太郎(日本/エイブル)を退けており、3回戦では第23シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。インタビューと同じくらい強気な姿勢で戦うオペルカのプレーを楽しみにしたい。


※為替レートは2021年10月11日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのオペルカ
(Photo by Elsa/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu