マイページ

オフコート

元世界女王ハレプ、故郷ルーマニアで億万長者と挙式

「全豪オープン」でのハレプ

元世界女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が結婚を発表したのは先日お伝えした通りだが、そんな彼女の結婚式が先日行われた。米テニスメディアBaselineが伝えている。

「全米オープン」後、ハレプは故郷ルーマニアに戻り9月15日(水)に挙式した。お相手は、2年ほど前から交際をオープンにしている億万長者の実業家、トニー・ユーリック氏。今月30歳になるハレプにとっては初めて、42歳のユーリック氏は3度目の結婚となる。


Instagramには、結婚のサインをする二人の様子や、シンプルな白のドレスに身を包んだハレプとユーリック氏がロマンティックな曲に合わせてダンスをする姿が。また、ルーマニアの歌手ロレダナ・グローザやDan Bittmanが、歌で二人を祝福する様子も投稿されている。


パーティーは古都コンスタンツァの街で開催され、ハレプの名付け親であるDani Caramihai氏が所有するFratelli Clubには、約300人の親族や友人が集まった。長年ハレプのコーチを務めるダレン・ケーヒル氏の姿はなかったものの、「二人ともおめでとう、そして大きなハグを!驚くべきカップルだ。今夜は家族や友達と、素晴らしいお祝いの時間を過ごしてね」とTwitterにてコメントし、身ごろがマクラメレースでできたベージュのロングドレスを纏った笑顔のハレプの写真に添えて夫婦の門出を祝った。


今シーズンは、コロナ禍でのツアーやふくらはぎの怪我からの復帰に苦労したハレプ。愛する夫とお互いにサポートし合って、残りのシーズンを彼女らしく駆け抜けていってほしい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのハレプ
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu