マイページ

オフコート

ティームがCMで素っ裸に。ジョコビッチファンと共演?!

「全仏オープン」でのティーム

6月に負った手首の怪我の影響で、前回優勝の「全米オープン」をはじめとした2021年シーズンの残り全ての大会の欠場を余儀なくされたドミニク・ティーム(オーストリア)。いち早い回復を願うばかりだが、最近、意外な姿で登場し話題になっている。米テニスメディアBaselineやスポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

ティームが姿を見せたのは、2017年からブランドアンバサダーを務めるオーストリア銀行(UniCredit Bank Austria)の新しいコマーシャル。オーストリア国立公園で撮影され、ティームが情熱を注ぐ、自然とサステナビリティ(持続可能性)をテーマにしているそうだ。


美しい自然の中、服をすべて脱ぎ捨てて気持ちよさそうに湖を泳ぐティーム。水から上がり、裸のまま岩の影で寝転がって日光浴をしていると、ハイキングを楽しむ4人組観光客の姿が。彼らにバレないように身を潜めていたが、服に手を伸ばしたときにカサッと音を立ててしまう。焦って固まるティームだったが、4人組は野生の山羊を見つけて写真を撮ることに夢中になっており、その隙に服を着て一件落着、という内容だ。


なんといっても衝撃的なのは、34秒間の映像の大部分でティームが裸だということ。しかし、実のところ湖で泳いでいるシーンは、冷水が大の苦手だという彼の代わりに吹き替えの人物が演じていたのだとか。


ティームは、「幸運なことにボディダブル(なんらかの理由であるシーンを演じることができない出演者に代わって演技をする俳優のこと)がいて、大いに僕を助けてくれたよ。彼は水温が5度とか6度くらいの川に入るのに慣れていたからね。それに、彼はセルビア出身でノバク・ジョコビッチ(セルビア)の大ファンだったんだよ」と話し、偶然にもジョコビッチファンと共にコマーシャルの仕事をしたことを明かした。


また、「楽しかったし、5年前に撮影したコマーシャルに比べると、僕の演技もだいぶ改善されたよ」と語ったティーム。コートでは見られない、コミカルな演技に注目だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全仏オープン」でのティーム
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu