マイページ

オフコート

逆境で世界王者が見せた勇気

「全豪オープン」でのジョコビッチ

テニスの元世界ランキング24位で、現在はテレビやラジオのパーソナリティとして活躍するアナベル・クロフト(イギリス)が先日インタビューに答え、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が多くの試合で観客から温かい声援を受けられなかったり、時には敬意を欠いた扱いを受けていることについての意見を述べた。クロフトは、コートに出るたびに冷たい観客と戦わなければいけないジョコビッチを「見るのが辛い」と語った。スポーツウェブメディアSportskeedaが伝えている。

ジョコビッチは今年すでに「全豪オープン」、「全仏オープン」、「ウィンブルドン」で優勝しており、もし「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)で優勝すれば、1969年のロッド・レーバー(オーストラリア)以来初めて年間グランドスラムを達成した選手となる。


さらに、今回優勝すればロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)を抜き、グランドスラム最多優勝(21回)選手の座を手にする。


だがこれまでの素晴らしい功績にも関わらず、ジョコビッチはフェデラーやナダルのように観客から愛されているとは言い難い。「ビッグ3」と呼ばれ、男子テニス界で圧倒的な強さを見せる三人だが、ジョコビッチが他の二人と対戦すると観客はフェデラーやナダルに声援を送る。


観客のジョコビッチの扱いは、時に「非情で、厳しいもの」だとクロフトは言う。クロフトは、例として2015年「全米オープン」決勝のフェデラー対ジョコビッチ戦を挙げた。試合では、ジョコビッチがミスすると観客は歓声を上げ、ウィナーを決めると静まり返ったという。


「見ているのが辛くなる時があるわ。2015年の“全米オープン”でジョコビッチとフェデラーの試合を観戦していたのだけれど、観客全員がジョコビッチと敵対しているように見えた。彼がウィナーを打つと観客は静まり返り、ミスをすると歓声が上がったわ。彼があの試合に勝つために見せた勇気は素晴らしいものだった」


「私はコートサイドにいて、2万人もの観客が彼がミスをして負けるのを望んでいるなんて信じられなかった。色んな意味で残酷だわ」


そしてクロフトは、非情な観客にうまく対処するジョコビッチの能力を讃えた。


「観客にズタボロにされるグラディエーターを見ているみたいだった。あの時を思い出すと背筋がゾッとする。でも彼は尻込みしなかった。精神的に彼はあの状況に対処する準備が出来ていた。素晴らしかったわ」とクロフトは語った。


ジョコビッチは男子テニス界で素晴らしい記録を次々と打ち立てている。これまでグランドスラムとマスターズ1000大会の全てで2回以上優勝したことがあるのはジョコビッチのみ。そして世界ランキング1位在位週数最多記録も持つ。


年間グランドスラムを達成し、四大大会優勝数でフェデラーとナダルを抜けば、ジョコビッチこそが史上最高の選手と言えるかもしれない。かつてイギリスのトップ選手だったクロフトは、ジョコビッチはこれまで積み上げてきた功績に対しもっと称賛され、尊敬されるべきだと感じている。


「彼がこれまで積み重ねてきた功績を考えると、ジョコビッチがいずれ本来得るべき称賛や愛を得られることを願うわ」とクロフトは言う。


さらにクロフトはジョコビッチとジョン・マッケンロー(アメリカ)を比較。短気で、コート上では時に首を傾げたくなるような振る舞いが多かったマッケンローも、当初は観客から支持が得られなかった。だが時を経てマッケンローは次第に「悪童」であったにもかかわらずテニスファンから尊敬されるようになり、クロフトは同じことがジョコビッチにも起きることを期待している。


「マッケンローの時代を私は見てきた。1980年代、彼は全然人気がなかった。テニス界の悪者として非難されていたの。子供っぽい言動でニュースの見出しになるような人だった。でも当時、やがて彼は愛されるようになるよって私に言った人がいたの。ジョコビッチにも同じことが起こり得ると思うわ」


クロフトは、フェデラー、ナダル、そしてジョコビッチのそれぞれに取材した経験があるという。その三人の中で話していて最も興味をそそられるのはジョコビッチだそうだ。


「三人とも素晴らしい人よ。でもジョコビッチにインタビューした時、とても面白い人だなって思ったわ。とても聡明で、知識を得ることに貪欲なの」


「心臓や肺のこと、食べ物のこと、睡眠パターンのことなど、一歩先まで踏み込んで情報を得ている。彼こそプロのアスリートよ。彼については語りきれない。そして彼が得るべき声援を得られていないのは悲しいことだと思う」


「フェデラーやナダルのファンは、二人が引退しても彼らを愛することをやめることは無いだろうけれど、ジョコビッチがどれだけテニスに貢献してきたか、人々が評価する日がいずれ来ると思うわ」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu