マイページ

オフコート

元世界19位選手、ドーピング違反で出場停止処分に

2019年「全豪オープン」でのもの

元世界ランキング19位のバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)が、ドーピング防止規則違反によりITF(国際テニス連盟)から出場停止処分を科されたことが明らかとなった。英BBCが報じている。

35歳のレプチェンコは、7月に出場した「WTA250 ブタペスト」で薬物検査を受けた際、アドラフィニルとモダフィニルという、いずれも世界アンチ・ドーピング機構(WADA)に禁止されている薬物に対する陽性反応を示した。レプチェンコには8月9日に事前の通達が出され、8月19日から暫定的な出場停止処分となった。


ITFによれば、レプチェンコには独立機関の審判団を通して今回の処分に異議を申し立てる権利があるが、それを行使していないとのこと。


レプチェンコがドーピング問題に見舞われるのはこれが初めてではない。2016年にはメルドニウムという、通常は心臓疾患の治療薬として使用される薬(別名ミルドロネート)で4度陽性と判定されたが、摂取した時期はそれが禁止となる2016年1月1日よりも前だったと判断され、無罪となっていた。


レプチェンコはもともとの国籍はウズベキスタンだが2007年、10代の頃から暮らすアメリカの国籍を取得し、アメリカ代表選手として2012年「ロンドンオリンピック」などに出場している。現在は124位にまで順位を落としているが、今月頭には第4シードで臨んだ「WTA125 チャールストン」で優勝を飾った。今後の続報に注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全豪オープン」でのもの
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

8/30(月)開幕!2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年に準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】8/30(月)~9/13(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu