マイページ

オフコート

大坂なおみのバービー人形が発売、即時完売に

2020年「全豪オープン」での大坂なおみ

大坂なおみ(日本/日清食品)をモデルにしたバービー人形が発売され、あっという間に完売となった。米テニスメディア Tennis.comなど複数のメディアが報じている。

メンタルヘルスのケアを理由に「全仏オープン」の2回戦で棄権して以来ツアーを離れている大坂だが、オフコートでは徐々に活動を再開している。先頃、アメリカのスポーツ専門テレビ局ESPNから贈られるESPY賞女子ベストアスリート賞を受賞し、授賞式では久しぶりに公の場に姿を見せている。そしてこの度、アメリカの大手玩具メーカーであるマテルが大坂なおみのバービー人形を発売した。


“バービー・ロールモデル”と称された新しいシリーズは、次世代の女の子たちのために道を切り開いてきたさまざまなバックグラウンドを持つ女性をモデルに起用している。大坂の人形は本人を細部まで忠実に再現しており、身に付けているのは2020年の「全豪オープン」で着用した青とピンクのナイキのタンクトップとショートパンツに白いフレアスカートを合わせたウェア。水色のスニーカーに白いバイザー、カールのかかったヘアスタイルに加え、手にしているラケットも大坂が実際に使っているヨネックスのモデルというこだわりようだ。価格は29.99ドル(約3300円)と、スタンダードなタイプの約3倍となっているが、マテルの公式サイトとアマゾンでは発売後わずか数時間で完売となった。


大坂はInstagramにそのバービー人形の写真を載せ、思いを添えた。


「すべての子どもたちには、自分は何にでもなれるし、何でもできるということを忘れないでほしいの。自分のバービー人形を作ってもらって、小さな子どもたちがそれで遊んでくれるなんて、夢が現実になったわ」


数多くの友人やファンが温かいメッセージを送っており、2020年の「全豪オープン」3回戦で大坂に勝利したココ・ガウフ(アメリカ)もその一人だ。大坂は2019年にもバービー人形の60周年を記念して一度モデルとなっているが、今回は一段とディテールにこだわった作りとなっている。


女子テニスの草分け的存在であるビリー・ジーン・キング(アメリカ)も、“勇敢な女性たち”という別のシリーズでナイチンゲールやヘレン・ケラーとともにバービー人形のモデルに。また、セレナとビーナスのウィリアムズ姉妹も別のメーカーの人形になっている。


運良く大坂のバービー人形を手に入れることができたファンたちは、「東京オリンピック」のコートに立つ大坂をその人形とともに応援することだろう。


※為替レートは2021年7月13日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu