マイページ

オフコート

元世界9位の"土職人"が語るリアルなクレー事情「オンライン楽屋」レポート

イベント出演のアルマグロ(右上)、川又智奈美アナウンサー(左上)、フローラン・ダバディさん(下)

5月10日にリニューアルオープンした「WOWOWテニスワールド」。テニスファンと大会をまるごと楽しみ尽くすことを目指す本サイトでは、毎週月曜日の夜9時から、ゲストと視聴者とともに、テニスについての様々なトークを繰り広げている。本記事では、リニューアル初日に行われた配信の模様をレポートする。

この日は、テニスワールドではおなじみのフローラン・ダバディと、元世界ランク最高9位(2011年)のテニス選手で、2019年に惜しまれつつも引退したニコラス・アルマグロ(スペイン)が特別ゲストとして登場。現在は地元スペインのムルシア地方にいるというアルマグロ。


引退後の生活を問われると、「今は、ヨーロッパの中でもなかなか移動が難しいから、ほとんどの時間が家族タイムだよ。息子が3人いるので、パパとして彼らの教育をがんばっているよ」と答えた。


アルマグロと言えば、昨年の「全仏オープン」でダニエル・コリンズ(アメリカ)のクレーコートアドバイザーとしてコーチを務めていたことが記憶に新しい。コロナ禍のため継続できず、今は特定の選手のコーチングはしていないそうだが、「ぜひ復帰したい」と意欲を見せていた。


配信の中では、“土職人”と言われるアルマグロに、ここぞとばかりに自身のキャリアやクレーについての質問が投げかけられた。アルマグロは、ツアー通算成績397勝278敗、ATP獲得タイトル13回は全てクレーコートというまさに“土職人”。


2010年の「全仏オープン」ではベスト8に進出し、クレーキングのラファエル・ナダル(スペイン)を追い詰めた。アルマグロは、「テレビではなかなか伝わらないかもしれないけれど、ローラン・ギャロスのセンターコートは本当に広いんだ。風も渦巻く。ラファは何度もあのコートに立っているから、完璧にコートを知り尽くしている。そんな彼と最高の試合をできたことは、一生の思い出であり、誇りだよ。3人の息子にもぜひ見てほしいんだ」と、ベストマッチを振り返った。


また、クレーシーズンについては「クレーのスペシャリストにとって、独立したリーグのようなもの」だと言う。「サッカーで例えるならチャンピオンズリーグのようなものかな。2月に南米で始まって、ローラン・ギャロスが決勝。半年続くクレーシーズンの集大成だから、みんなモチベーションがすごく高くなるんだ」と、クレーを得意とする選手にとって「全仏オープン」がいかに大きな存在であるかを語った。


さらに「スペイン勢がクレーコートに何故強いのか?」という話から、「ナダルが最近あまりスライディングをしていない理由」なども交えてクレーコートの戦い方を解説。


「誰よりも強いと思われているラファでさえ、年々進化している。激しい競争の中で、いつも何かを変えているんだ。それは道具しかり、自分のショット然り。私達の見えないところで彼は相手を研究をしているし、迫ってくる次世代をどうしたら倒せるか、ものすごく真剣に考えていると思うよ」


また、クレーに強い選手になるために必要なことについては、「クレーコートは、選手たちの強みを消すサーフェスだから、絶対的な武器を持っていても決定的なアドバンテージにはならないんだ。だから、一番大事なのは基本的なことだけどスタミナ。自身の体力に絶対的な自身を持つことだよ。試合が長くなり、流れが変わる中でも精神的に安定していれば、1セット目、2セット目を取られても、フルセットで逆転もありえる」と説いた。


配信内では、視聴者からのチャットコメントに答えてくれる場面も。「次のクレーキングになるのは誰か?」という問には、「ポストナダルの話をしいてするならば…」と台頭する次世代選手の名前とそれぞれの課題を数人挙げ、「今年のローラン・ギャロスはバロメーターになる」と期待を寄せた。


今年の「全仏オープン」は、例年通りの開催を目指していたが、1週間の延期が発表され、5月30日から6月13日までの開催となる。「ローラン・ギャロスを戦う上でもう一つスペシャルなことは、昔からこの大会を見ている、目の肥えた観客の前でプレーできること。彼らは、単に勝者に対して拍手を送ってくれるだけでなく、選手の精神までメンタリティが見てくれているんだ。テニスを本当によく知っている人たちの前でやることで、モチベーションがさらに高まる」とアルマグロ。昨年は9月下旬に一日1,000人という制限の中で行われたが、今年の「全仏オープン」ではどんな判断が下されるか注目だ。


最後に、テニスファンに“上達のコツ”を伝授。「常に好奇心を持って、楽しくやることが原動力であり、進化の近道だよ。もう一つは、僕をパーソナルトレーナーに雇うことじゃないかな」と笑った。


クレーに関する、“土職人”ならではのトークが満載だった60分。このトークは、「テニスワールド」内のアーカイブにて視聴することができる。次回の「オンライン楽屋」は、5月17日夜9時からを予定。なお、番組ではプレゼント企画も実施中だ。詳細は、「テニスワールド」にてご確認を。


(テニスデイリー編集部)


※イベント出演のアルマグロ(右上)、川又智奈美アナウンサー(左上)、フローラン・ダバディさん(下)
(Photo by WOWOW)

tenniswitch.jpg

今すぐテニスがしたい! そんな人向けの新しいアプリ「テニスイッチ」

「コートが混雑していて、なかなか予約できない」「友人とのプレー日程を合わせるのが難しい」「定期的にスクールへ通う予定が組めない」「練習ではなく試合形式ばかりで上達できない」といった人々の声に応える、新たなサービスが誕生。

「スマホで簡単にテニススクールのレッスンやイベントを1回から利用できる」というもの。

レッスンやイベントを出品、販売したいスクールの申込も受け付け中。

アプリの詳細はこちら

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu