マイページ

オフコート

フェデラー夫婦の恋のキューピッドはオリンピックのレスリングチーム

写真は2016年イベントでのフェデラー夫妻

グランドスラムで20度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)と元テニス選手の妻ミルカさんは、スポーツ界でも言わずと知れた有名カップルだ。二人の出会いの場となったのは2000年の「シドニーオリンピック」だが、そこには恋のキューピッドが存在したという。Yahoo! Sportsが報じている。

「シドニーオリンピック」でフェデラーやミルカさんを含むスイスのテニス選手たちと同じ宿舎に泊まっていたレスリングチームのルドウィグ・クン氏によれば、当時19歳のフェデラーは周りが見ても明らかなほどミルカさんのことを気に入っていたが、恥ずかしくて声をかけられなかったという。


そんなフェデラーを見かねた同氏がきっかけを作ってあげたそう。おかげで二人は15分ほど一緒に過ごし、笑い合うようになったとのことだ。「そこから2人はもうカップルだった」とクン氏は振り返る。


フェデラーは「シドニーオリンピック」で生涯の伴侶を見つけることができたが、メダルを手にすることはできなかった。その3年後の2003年に「ウィンブルドン」を制して、グランドスラム初優勝。フェデラーとミルカさんは2009年に結婚し、同年に双子の女の子を、2014年には双子の男の子を授かっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年イベントでのフェデラー夫妻
(Photo by Dominique Charriau/WireImage)

tenniswitch.jpg

今すぐテニスがしたい! そんな人向けの新しいアプリ「テニスイッチ」

「コートが混雑していて、なかなか予約できない」「友人とのプレー日程を合わせるのが難しい」「定期的にスクールへ通う予定が組めない」「練習ではなく試合形式ばかりで上達できない」といった人々の声に応える、新たなサービスが誕生。

「スマホで簡単にテニススクールのレッスンやイベントを1回から利用できる」というもの。

レッスンやイベントを出品、販売したいスクールの申込も受け付け中。

アプリの詳細はこちら

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu