マイページ

オフコート

破局報道から一転、テニス界のビッグカップルが婚約を発表!

モンフィス(左)とスビトリーナ(右)

テニス界を代表するビッグカップルとして知られる、女子世界ランキング5位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と男子世界14位のガエル・モンフィス(フランス)。今年2月に破局したのではないかと報じられていた二人が、今回婚約したことをSNSで発表した。

2人は2019年の初めに交際を公表し、共同のInstagramに仲睦まじい姿をアップしていたが、今年2月に「距離を置くことにした」と各自のInstagramストーリーズに投稿。「私たちはまだお互いに愛情を持っているから決断するのは信じられないほど難しいものだった」「スペースを設け、お互いができる限り最高の喜びと充実した生活を送るための時間なんだ」と綴っていた。


二人がこの件についてこれ以上のコメントはしないとしていたため、破局なのか、文字通り距離を取って関係を小休止するだけなのかは不明だった。


しかしこの度、二人はそれぞれのTwitterで婚約したことを明らかに。スビトリーナが投稿したモンフィスとのツーショットには、彼女の左手の薬指に婚約指輪がはまっており、「イエス!!!私たちの永遠が始まることに賛成するわ」とメッセージを添えていた。一方のモンフィスは、スビトリーナが婚約指輪をはめた画像と共に「彼女がイエスと言ってくれたよ。モンフィス夫人」と述べている。


WTA公式サイトによれば、「WTA1000 マイアミ」に出場していたスビトリーナは、試合に勝利した後でカメラに向かって笑顔で左手を意味ありげにヒラヒラさせている姿が映っていた。そして準決勝でアシュリー・バーティ(オーストラリア)に敗れた直後、ヨーロッパへ飛行機ですぐに舞い戻っていたが、WTAは「そうした行動の意味が今わかった」としている。


モンフィスは以前、スビトリーナとの関係について、「彼女はハードワーカーで非常にプロフェッショナルだ。時にはプロに徹しすぎていると思うくらいにね。バランスを取ることが必要だから、僕がもうちょっと楽しむよう促すこともある。彼女は逆に、僕に規律をもたらしてくれるんだ」と説明していた。


彼女と交際するようになってからモンフィスは勝率が上がり、2019年11月には2年8ヶ月ぶりに世界ランキングでトップ10に返り咲いていた。その後、二人とも新型コロナウイルスの影響でモチベーションを失っているなどと明かしていたが、苦しい状況でも互いの存在が支えになっているようだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真はモンフィス(左)とスビトリーナ(右)
(Photo by Rich Fury/Getty Images for AYS Sports Marketing)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu