マイページ

オフコート

フェデラーがスイス観光局のアンバサダーに

写真はスイスでインタビューされるフェデラー

スイス出身のスターテニス選手であるロジャー・フェデラー(スイス)は、このほどスイス観光局の公式ブランドアンバサダーに就任した。アンバサダーとして、スイスの非の打ち所のない自然について発信するのだ。米テニスメディアBaselineが報じている。

「私はコートに立つ時はいつでも、スイスを代表していると感じていました。私の名前が出る時は、いつだって名前の横にスイス国旗が表示されます。ツアーに参加してきたこの22年の間、そのことをいつも大変誇らしく思ってきました。これから先もそれは変わらないでしょう。今回スイス観光局と協力するのは、私にとって理にかなった一歩です」と、公開されたYouTubeの動画の中でフェデラーは語っている。


スイス観光局が運営するウェブサイトMySwitzerland.comを訪れれば、グランドスラム20度優勝を誇るフェデラーの手を借りながら、スイスの名所を見て回ることができる。用意されている旅行者向け情報には、フェデラーが選ぶスイス最高の自然、山の旅、ハイキングコース、隠れた名所、市街地での体験などがある。


「私は世界中を旅してきましたが、一番好きな場所は常にスイスであり続けてきました。旅をしている間、どこよりも恋しく思うのはスイスです」とフェデラー。


著名な慈善活動家でもあるフェデラーは、アンバサダーとして受け取る報酬を全額チャリティーに寄付するという。「観光局から得るお金を全て慈善事業のために寄付するということも、私にとっては重要なことでした。ここスイスに子供たちの遊び場を作る予定です。ですから、いわば私は無償でこの取り組みをしています。この国のアンバサダーになれることをとても誇りに思っているからです」


新型コロナウィルス感染症の大流行により、スイスのホテル業界では2020年の宿泊客が2019年と比べて40%減少。また、観光客らは旅行せず自国内にとどまることを強いられたため、外国人観光客は66%減少した。


スイスのバーゼル生まれのフェデラーは、3月の「ATP250 ドーハ」で13ヶ月ぶりの実戦復帰を果たした。今後は、切望する「ウィンブルドン」でのタイトル獲得に向けて全力を注ぐ前に、クレーコートのいくつかの大会に出場すると見られている。


(テニスデイリー編集部)


※写真はスイスでインタビューされるフェデラー
(スイス政府観光局)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu