マイページ

オフコート

ツォンガに第2子、メダリストがママに!

写真は「ウィンブルドン」でのツォンガ

テニス選手たちのおめでたい話題が相次いでいる。男子シングルスで元世界ランキング5位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に第2子ができ、女子ダブルスの元世界1位バーボラ・ストリコバ(チェコ)が第1子を妊娠したのだ。米テニスメディアBaselineなど複数のメディアが報じている。

35歳のツォンガは、先日Instagramで妻のノーラさんが第2子を妊娠したことを公表。「幸せな出来事が起ころうとしているよ!!!」というメッセージに、レジェンドのヤニック・ノア(フランス)、ジェレミー・シャルディ(フランス)とその妻スーザンさんを含む友人たちから多くの祝福コメントが寄せられた。ツォンガ夫妻には4年前に生まれたシュガーという名の男の子がいるため、第2子の名前も気になるところだ。


一方のストリコバも、ツォンガとほぼ同じタイミングで、SNSにお腹が膨らんだ写真を投稿して妊娠中であることを発表。Twitterで「テニスコートでベーグル(0-6のこと)を食らうのは大嫌いだったけど、今オーブンに小さな丸いパンが入っているのを見ると、この上なく嬉しい!」と喜びの声を上げている。この投稿を見た世界ランキング3位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は、「おめでとう、なんて心躍るニュースなの!!!」とコメントしたり、ドナ・ベキッチ(クロアチア)が「何ですって!!!!!おめでとう!!!!!!!」と反応している。


ストリコバは2018年と2019年の「WTAファイナルズ」ダブルスで連続出場を果たし、2019年の「ウィンブルドン」ではシングルス初のグランドスラム準決勝に進出した上、ダブルスで初優勝を飾った。3月28日に35歳になった彼女は2016年の「リオデジャネイロオリンピック」女子ダブルスの銅メダリストであり、「東京オリンピック」にも出場することを望んでいたが、新型コロナウイルスの影響もあり、今年をもって引退する計画を立てていた。引退後に何をするかについては既に色々とアイデアがあるようだ。


「まずは家族を持ちたい。それが第一。その次に、ポッドキャスト業界についてもっと学びたい。今も番組を1つ持っているから。あとは、ファッション業界でも何か始められたらいいわね。ファッションは大好きだし、ファッション業界に関わっている友達もたくさんいるから。それに、姉のことも考えているの。姉はフード関係の仕事をしていて、健康的な料理にすごく詳しいのよ。アメリカのジャクソンビルに住んでいる彼女ともっと時間を過ごしたい。一緒に子供向けのテニスキャンプを始められたらいいわね」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのツォンガ
(Photo by Rob Newell - CameraSport via Getty Images)





オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu