マイページ

オフコート

ナダルのアカデミーがスペインのサッカーリーグとコラボ

「全豪オープン」でのナダル

テニスの元世界王者でスペインのトップ選手であるラファエル・ナダル(スペイン)が展開するテニスアカデミー、ラファナダル・アカデミーと、スペインのプロサッカーリーグ、ラ・リーガが手を組んだ。ラファナダル・アカデミーの公式サイトが伝えている。

ナダルはスペインの強豪サッカークラブ、レアル・マドリードの熱心なファンとして知られ、2010年には叔父ミゲル・アンヘル・ナダルがプレーしていた故郷マヨルカ島のサッカークラブの株主になるなど、以前からサッカーとの関わりが深い。


アカデミーとラ・リーガは3年の契約で、イベントや教育的プロジェクト、国際的な戦略を行うそうだ。この合意は、両組織が努力、寛容さ、リスペクト、誠実さといった価値観を同じくしていることに基づいている。両組織はそれらの価値観に基づいて、若い選手たちや生徒たちの育成に努めてきた。


今後3年間のうちに計画されているプロジェクトには、ナダルの故郷であるマヨルカ島にあるラファナダル・アカデミーで、ラ・リーガの12歳以下の試合を行ったり、ラ・リーガの主催する知的障害者のサッカーの試合を開催することが含まれる。また同アカデミーにあるミュージアムでのラ・リーガ展の開催も検討されている。


その他には共同の教育的活動、アカデミーの施設内でラ・リーガ・ビジネススクールのビジネス関係の授業を行ったり、アカデミーや、間もなくマドリードにオープンするラ・リーガの施設でラ・リーガ・サマーキャンプを開催したり、サッカー、テニス、語学を組み合わせた共同プログラムを開設する可能性もあるそうだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu