マイページ

オフコート

24歳の「全米オープン」ダブルスベスト4選手が男児出産

写真は2020年「World Team Tennis」でのタウンゼント

テニスのシングルス世界ランキング98位、24歳のテイラー・タウンゼント(アメリカ)が、無事男の子を出産したことをSNSで発表した。米テニスメディアBaselineが報じている。

タウンゼントは昨年10月に第一子を妊娠していることを公表。「人生は面白いやり方で人をあるべき場所に運んでくれる。母となる旅路を始めることにワクワクしているわ」とInstagramに綴っていた。


そして今回タウンゼントは、生まれたばかりの息子を抱く姿をInstagramストーリーで公開。「赤ちゃんは完璧!みんなお祝いありがとう!」とメッセージを添えた。


タウンゼントが最後に公式戦に出場したのは昨年の「全米オープン」で、エイジア・ムハメッド(アメリカ)と組んだ女子ダブルスでベスト4に進出。その時タウンゼントは妊娠3ヶ月だった。


一昔前はテニス界でも女性は子供ができた後にプレーを続けることは難しかったが、今では出産後に復帰する選手は続々と増えている。セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)はグランドスラム最多となる24回目の優勝を目指しているし、他にも「全米オープン」シングルス準優勝のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、2度引退するも2度目の復帰を果たした3児の母キム・クライシュテルス(ベルギー)、グランドスラムダブルス覇者のエレナ・ベスニナ(ロシア)やサーニャ・ミルザ(インド)、そして昨年の「全米オープン」でセレナ、アザレンカと共にベスト8進出を果たしたツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)らが、ママさんパワーを見せつけている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「World Team Tennis」でのタウンゼント
(Photo by Streeter Lecka/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu