マイページ

オフコート

近年の飛躍の影の立役者?チチパスが恋人との関係を語る

「全仏オープン」でのチチパス

世界ランキング5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)はテニス界の次代を担う一人として期待されているが、その背景には愛する人の支えがあるようだ。チチパスは最近行われたインタビューの中で、恋人との絆が彼にとってどれほど重要か、そして2人の交際がいつどのように始まったのかを明かした。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じている。

チチパスによると、恋人のテオドラ・ペタラスさんとは友人を介して3年前に知り合ったという。初めて会ったのはニューヨークで、それから1年後にチチパスがデートを申し込んだ。


「彼女とは、家族ぐるみの友人を介して知り合って3年になるよ。ニューヨークで初めて会って、彼女のことがとても好きになったんだけど、その時は恥ずかしくて気持ちを伝えずにいた。でも、2年前にまたニューヨークに行った時、デートに誘ったんだ。ブルックリンに行って写真を撮ろうと言ったんだけど、彼女はそれが気に入ったみたいだね。それで実際に写真を撮ったんだけど、その時の写真は今でも僕のお気に入りだよ」とチチパス。


チチパスはさらに、恋人との関係がどれほど重要かについても語った。チチパスによると、テニス選手にとっては不可欠と言えるバランスを維持する上でペタラスさんが助けになっているという。


「彼女にはずいぶんと助けられているよ。おかげでとてもいいバランスを保てるようになった。僕は彼女のことがすごく好きなんだけど、彼女も同じように感じていると思う。僕たちの関係は特別なんだ。お互いを理解していて、性格的に共通する部分がいくつもあることで、すごく助かっている」


ペタラスさんは現在ロンドンに住んでいるため、世界中をツアーで巡るチチパスは長い間離れて過ごさなければならないが、常に連絡を取り合っている。また、ペタラスさんは可能な時にはチチパスに同行しており、「ATP500 ロッテルダム」の選手関係者席にも姿を見せていた。


長期間離れていることについて、チチパスは次のように語っている。


「彼女はロンドンに住んでいるから、そこはちょっと難しいね。でもありがたいことに、今のところ酷い事態に陥ってはいないよ!彼女は僕をサポートするために大会に来てくれることもあるから、そうすれば多少は一緒に過ごせる。彼女は僕の親友なのさ!僕たちはここ2~3年、毎日話しているよ。2人の間にはすごくいい化学反応があるんだ。彼女もテニスをするから、一緒にテニスをする時間はコート上での僕のお気に入りの時間だよ。そうしているだけで大きな笑みがこぼれてしまうんだ」


先日チチパスの妹のエリザベートが13回目の誕生日を迎えた時は、ペタラスさんも一緒にお祝いをしたようだ。チチパスのInstagramに3人の写真がアップされていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのチチパス
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu