マイページ

オフコート

あのスターテニス選手は弟大好き!「ダブルスを組むのは弟だけ」

写真は「ATP500 ロッテルダム」でのチチパス

世界ランキング6位、22歳のステファノス・チチパス(ギリシャ)と、2歳下で世界967位の弟ペトロス・チチパス(ギリシャ)は、「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/3月1日~3月7日/ハードコート)でダブルスに出場する。二人は先月の「全豪オープン」でもダブルスに出場した。それは忘れられない瞬間だと「弟大好き」な兄ステファノスは語る。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じた。

兄弟で初めてダブルスとして出場したグランドスラムとなった2021年の「全豪オープン」では、1回戦でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)とトミー・ポール(アメリカ)のペアにフルセットの末に敗れたチチパス兄弟。しかしステファノスは、2021年はこれまでよりもっとダブルスに出場する、と話した。その主な目的は弟のプレーを上達させるためだ。


「ATP250やATP500の大会、それからこの前のようにグランドスラムでも、もっと弟とプレーしたい。ダブルスに出場したことはオーストラリアでの最高の想い出だよ。自分のキャリアとしてはシングルスに集中してるけど、もっと弟を助けたいんだ」


かつてデニス・シャポバロフ(カナダ)やニック・キリオス(オーストラリア)ともダブルスを組んだことのあるチチパスだが、今は弟に集中しているようだ。「ダブルスをやるのは弟とだけ。他の誰ともやらないよ。彼だけと、チームになりたい。他の人と組む予定はまったくない」


ATPがTwitterに上げた動画では、ステファノスがご機嫌でスキップしながら弟のところへ行き、カメラの方を向いて笑って…というふうに指示すると、ちょっと迷惑そうな弟も笑って親指を上げてみせる、という微笑ましいシーンを見ることができる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」でのチチパス
(Photo by Henk Seppen/BSR Agency/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu