マイページ

オフコート

世界5位の26歳、メンタルコーチを雇ってグランドスラム初制覇に挑む

Photo by Mario Hommes/DeFodi Images via Getty Images

テニスの世界ランキング5位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)にとって、2020年は最高の年とは言えなかった。2大会で優勝したのは良かったが、グランドスラムに関しては満足のいく結果ではなかった。そしてスビトリーナはシーズン終了後にメンタルコーチを雇ったが、彼女が話したその理由をウェブメディアEssentially Sportsが報じている。

出場していた「WTA500 アブダビ」での記者会見で、スビトリーナはこう語った。「たくさんの大会を戦っていく中で、精神的に強く、フレッシュであることはとても重要よ。どれもが大きな、大事な試合だし」


「去年の最後の何大会かを戦っていく中で、メンタルコーチを雇おうと考えたの。今の私には正しい決断だと思う。今年はオリンピックもあるし、集中を失わないことがとても重要だわ」


メンタルコーチを雇った目的を聞かれて、スビトリーナはこう答えた。「たくさんのことが起きる、プライベートでも、家族のこととか、外からのプレッシャーとか。その中で、試合になれば前向きな、試合にふさわしい精神状態でなければならない。だから、チームの皆がそれを助けてくれる人々であることが重要なの」


実際にメンタルコーチを雇ってみてどうか、という質問には「彼女は私の人生の小さな、暗い秘密をほとんど全部知ってしまったわ。だから彼女は私を…プレッシャーから解放したというのではないけれど、私の心を開いて、正しいボタンを押してくれる。そのおかげでコート上でもコート外でも、前よりもっとリラックスして、快調よ」と返答している。


自己最高ランキング3位のスビトリーナは、これまでにツアーレベルで15回優勝。2018年の「WTAファイナルズ」や、2017年と2018年の「イタリア国際」、2017年の「ロジャーズ・カップ」などの大きな大会で優勝しているが、グランドスラムの栄冠はまだ掴んでいない。


もしも今年の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子21日・女子20日/ハードコート)で優勝すれば、彼女はウクライナ人選手として初のグランドスラム・シングルスのチャンピオンとなる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年ドイツ、ベルリンの大会でのスビトリーナ
(Photo by Mario Hommes/DeFodi Images via Getty Images)

<WOWOW TENNIS WORLD公開>

20210113_tennisworldバナー_300×250.jpg

テニスファンのあなたと作り上げていく「WOWOWテニスワールド」が「全豪オープン」に向けて誕生しました!

新しいテニスの楽しみ方として、『WOWOWテニスワールド』略して『テニワ』のオンラインイベントを開催。

1/18(月)19:00より連日LIVE配信でお届けします ! フローラン・ダバディさん・吉崎仁康さん・横内洋樹アナがゲストと楽屋のゆるい雰囲気で、

また時には熱くトークを交わします!

第3回ゲストは、テニスライターで現地入りしている内田 暁さんと、ホスト役に吉崎 仁康さんを迎えお届けします! 2021年1月20日(水)19:00より配信開始!

テニワのオンライン楽屋 ~テニスライターが語る全豪の今!編~

210119_02.jpg

WOWOWのテニス公式Twitterでも同時生配信決定!!

#WOWOW #tennis #テニス #全豪 #AusOpen #大坂なおみ #錦織圭

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu