マイページ

オフコート

セレナが3歳の娘からPCR検査を受ける

写真は2020年「ASBクラシック」でのセレナと娘

グランドスラム23回優勝を誇るセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、娘との心温まるひとときを“ニューノーマル”と題してソーシャルメディアでシェアしている。ウェブメディアYahoo Sport Australiaが報じた。

セレナは昨年末のランキングから順位を1つ落とし、世界11位で2020年シーズンを終えた。だがその理由の一つは、3歳の娘オリンピアちゃんと過ごす時間を作るために、ツアーを早めに切り上げたせいかもしれない。


セレナはオリンピアちゃんと新型コロナウイルスの検査ごっこをしている育児中のひとときを投稿。そこには「ニューノーマルの子供の遊び(笑)」とコメントが添えられており、動画では白雪姫のコスプレをしたオリンピアちゃんが、セレナ相手にサンプル採取のふりをしている。


セレナの鼻に何かを入れようとするオリンピアちゃんに、「これは何の検査?」とセレナが尋ねる。「ココナッツテストだよ」とオリンピアちゃん。どうやらオリンピアちゃんはコロナ(COVID[コーヴィッド])と発音することがまだできないようだ。それに対しセレナは「ああ、コロナの検査ね。ココナッツテストね」。するとオリンピアちゃんは「1、2、3、4…」と数字を10まで数えながら母親の鼻にプラスチックの棒のようなものをぐりぐりと当てた。「はい、ありがとう」とセレナ。


このビデオにファンは大喜び。「とってもキュート」と一人がコメントすれば、別のファンは「愛らしい!」と書き込んでいる。


今年の「全米オープン」前にも、セレナはオリンピアちゃんとともにトレーニングする画像を投稿していた。練習中と見られる写真の中で、母娘はダブルスを組んでいるのか、おそろいの紫色のウェアでコートに立ち、オリンピアちゃんは母親そっくりのポーズでラケットを構えている。


ファンがこの「可愛すぎる」写真にすぐに夢中になったのは言うまでもない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「ASBクラシック」でのセレナと娘
(Photo by Hannah Peters/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu