マイページ

オフコート

ジョコビッチ、愛する土地で約13億円の豪邸購入

写真は2019年モナコでのジョコビッチ夫妻

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が南スペインのマルベーリャで豪華な邸宅を購入した。妻と子供たちも、この豪邸を喜ぶに違いない。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じている。

スペインの南端に位置するマルベーリャは、20世紀後半から観光地として知られている。以前からこの地が好きだったジョコビッチは、ここでトレーニングをしたり、弟のマルコ、ジョルジェと一緒に訪れたこともある。新型コロナウイルスによる外出禁止期間中もここで過ごし、しばしば大きな大会での疲労を癒しに、あるいは次の大会へ向けた準備をするために、この地を訪れていた。


ジョコビッチは以前レンタルしていた豪邸を、1000万ユーロ(約12億6000万円)で購入することにしたそうだ。スパ、プール、ジム、ホームシアター、そしてもちろんテニスコート1面を備えた豪邸には、パームツリーが並ぶ夢のような庭もついている。


屋内には9つの寝室、8つのバスルームがあり、テニスコートにはクラブハウスが併設されている。海とプールが見渡せるテラスには8人用のダイニングテーブルが置かれ、プールサイドにはテラスとカバナ(天蓋付きのデイベッド)もある。


2020年シーズンは41勝5敗で、「全豪オープン」など4つのタイトルを獲得したジョコビッチ。しかし、シーズン終盤は「全仏オープン」でラファエル・ナダル(スペイン)に敗れて準優勝、「Nitto ATPファイナルズ」では準決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)に惜敗した。2021年シーズンに向け、そうした疲れを新居で癒すことだろう。


※為替レートは2020年12月11日時点


(テニスデイリー編集部)


写真は2019年モナコでのジョコビッチ夫妻
(Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images for Laureus)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu