マイページ

オフコート

錦織&国枝の日本テニス黄金コンビによるトリックプレーに海外も注目!

「WOWOWテニスフェスティバル2020」での錦織(左)と国枝(右)

12月5日にさいたまスーパーアリーナで行われた「WOWOWテニスフェスティバル2020」。ニューミックスダブルスで錦織圭(日本/日清食品)と国枝慎吾(日本/ユニクロ)が見せたトリックプレーを、ITF(国際テニス連盟)がTwitterやInstagramで紹介した。

この日は3試合のエキシビションマッチとトークセッションが行われた。3試合目にはシングルス選手と車いす選手がペアを組んでダブルスをする新しい試み「ニューミックス」が行われ、錦織/国枝ペアと西岡良仁(日本/ミキハウス)/三木拓也(日本/トヨタ自動車)ペアが対戦。


その中で、錦織/国枝ペアがトリックプレーを見せた。


西岡が上げたロブに対し、前衛の錦織がドライブボレーの強打。と見せかけて、わざと空振り。それを後衛の国枝がフォローした。タイミングがずれたことで西岡/三木ペアはリズムが崩れ、錦織/国枝ペアのポイントに。「(相手ペアを騙すには)まず味方から」と笑いながら話していた。


国枝はこのトリックショットや錦織のプレーについて、チェンジオーバーでのインタビューで「いやー、僕が一番騙されました。やっぱり騙すの上手いですね。フェイントがすべてテクニカルなので、ついていくのがやっとですね。(真横でプレーを見ていて)天才だなと思いましたよ。練習してもなかなかできない才能だと思うので。エンジェルタッチが素晴らしいんです」と称賛。


錦織も国枝について「国枝選手はサーブが速いので、前でとても動きやすいですね。タイミングが動きやすくて、リターンで抜かれる心配が少ないので。あとストロークが速いですね。他の選手と比べても更に力強さが国枝さんにはありますね」と称えていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WOWOWテニスフェスティバル2020」での錦織(左)と国枝(右)
画像協力:WOWOW/WOWOW テニスフェスティバル 2020

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu