マイページ

オフコート

錦織圭 プレーと解説で大忙し。「個性的で大胆な」発言まとめ

「WOWOWテニスフェスティバル2020」での錦織圭

12月5日、さいたまスーパーアリーナで「WOWOWテニスフェスティバル2020」が開催。錦織圭(日本/日清食品)ら日本のトッププレーヤーが集結し、エキシビションマッチ3試合とトークを繰り広げた。

錦織は久しぶりに日本のコートに立ち、国枝慎吾(日本/ユニクロ)とペアを組んで、西岡良仁(日本/ミキハウス)/三木拓也(日本/トヨタ自動車)ペアとのニューミックスダブルスに登場。無観客ではあるが、日本のファンにテレビを通してプレーを披露した。


また西岡対ダニエル太郎(日本/エイブル)の男子シングルス、西岡/奈良くるみ(日本/安藤証券)対ダニエル/日比野菜緒(日本/ブラス)のミックスダブルスでは、錦織がゲスト解説を担当。


現役選手ならではの視点でしっかり解説しつつ、緩く個性的で大胆な解説・インタビューも盛り込んで視聴者を楽しませた。またイベントの最後にはリモートでスイスと繋ぎ、ロジャー・フェデラー(スイス)が生出演。日本のファンにメッセージを送った。


【エキシビションマッチ】
男子シングルス ダニエル 7-5 西岡
ミックスダブルス 西岡/奈良 6-5 ダニエル/日比野
ニューミックダブルス 西岡/三木 7-6 錦織/国枝


【錦織の個性的な解説・インタビューまとめ】
・他の選手の解説をするのはどんな気持ち?
「みなさん声が変わるんですよ。普段話している声と、解説の時の声とで。僕も変えた方がいいのかななんて」


・解説席で解説するのはどんな気持ち?
「30秒くらい前に思ったんですけど、もう立ちたいですね。ずっと座っているのが苦手なのか」「座って見ているだけっていうのは、なかなかちょっとこう…苦行ですね…」


・西岡対ダニエル終了後のオンコートインタビューで
「コートが速くて大変だったと思いますが、意外と良いポイントもたくさんあったと思いますが」


・チェンジオーバー中、奈良へのインタビューで直前の西岡のボレーミスに対し
「奈良選手、さっき西岡選手がボレーミスしましたよね。ああいう時はしっかり怒った方がいいと思います」


・ミックスダブルス終了後、ダニエル/日比野ペアへのオンコートインタビューで
「二人負けてしまいましたが、どちらに原因があったと思われますか?」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WOWOWテニスフェスティバル2020」での錦織圭
画像協力:WOWOW/WOWOW テニスフェスティバル 2020

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu