マイページ

オフコート

大坂なおみ「最大の目標は家族の面倒を見ること」

「全豪オープン」での大坂なおみ

今年の「全米オープン」でグランドスラム3度目の優勝を遂げた23歳の大坂なおみ(日本/日清食品)は、先日インタビューで子供の頃のことや両親について語った。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じている。

家族との関係について、大坂は答えた。「“全米オープン”で優勝した時、私たちはずっと“バブル”の中にいたから、それほどお祝いはできなかった。でも姉が、サプライズで会いに来てくれたの。姉は私が優勝すると固く信じていてくれたんだと思う」


「両親ともとても仲がいいわ。もちろん誰にもあるようにぶつかることもあるけどね。ずっと両親の面倒をみたいと思ってた。そのために成功したいと思ってたわ」


「憧れのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)とグランドスラムの決勝で戦いたいと夢見ていたし、だからそれが実現したのは信じられないようなことだったけど、それよりも私の最大の目標は家族の面倒をみること」


また、何歳ぐらいでプロテニス選手になろうと決めたか問われた大坂は、「3歳の時にテニスを始めたけど、それからテニス以外のものはなかった。だから7歳ぐらいにはプロになろうと決めていたと思う。もちろん動物学者とか、何か他のものになろうかと考えたこともあるけど、それはいつも第2の選択で、テニスが一番だった」


「それでもずっとやっていけるのかという迷いはまだあったけど、15歳ぐらいの時にはっきりと心が決まったと思うわ」と話した。


次にどの大会に出場するのか聞かれた大坂は多分オーストラリアで、と答えた。テニスの上でも精神的にも大きな成長を遂げている大坂の、新たな活躍が楽しみだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)






リポビタン国際ジュニア Supported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT

世界のトップを目指すジュニア選手たちが愛媛で繰り広げられる、ITFジュニア大会の様子をテニスデイリーがお届け!

12月5日 ライブ配信ページ
12月6日 ライブ配信ページ

【ITFジュニア大会概要】

■大会名:リポビタン国際ジュニアSupported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT
■日程:2020年11月30日(月)~12月6日(日)
■共催:ヨネックス株式会社、株式会社KD PLANNING
■公認:国際テニス連盟(ITF)、公益財団法人日本テニス協会(JTA)
■会場:愛媛県総合運動公園(17面)
■カテゴリー:ITF World Tennis Tour Junior グレード5
大会公式ウェブサイト

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu