マイページ

オフコート

男子テニスの「世代交代」は本当に起こっているのか?

写真はメドベージェフ(左)とティーム(右)

2020年のテニスシーズンは、ビッグ3以外の期待の若手選手二人が年末の最終戦「Nitto ATPファイナルズ」決勝を戦い、締めくくられた。だが男子テニス界の世代交代は本当に進んでいると言えるのだろうか。伊ニュースサイトUBI Tennisが報じた。

ダニール・メドベージェフ(ロシア)はドミニク・ティーム(オーストリア)と3時間に及ぶ大接戦の末、最終戦の優勝を掴み取った。これまでに彼が獲得した最大のタイトルであり、同時に一大会中に世界ランキングトップ3をすべて破った史上4人目の選手となった。他の三選手は、ボリス・ベッカー(ドイツ)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)だ。


メドベージェフの勝利の後に浮かび上がるのは、これが新しい時代の幕開けになるのだろうかという疑問だ。過去およそ10年間、男子テニスはジョコビッチ、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)の三人が他を圧倒してトップを守ってきた。彼ら三人でグランドスラムの優勝回数は57回、世界1位の座を2017年8月から独占してきた。実際2004年2月2日以降に、三人以外で1位の座についたのはアンディ・マレー(イギリス)ただ一人だ。


メドベージェフは言う。「願わくば、僕たち若手がこのまま追い上げていき、素晴らしいライバル関係を作って行けたら。僕たちがここに長くとどまり、上の世代の選手たちを押さえ込んでいけたらと思う。それがビッグ3に近づく道だからだ」


メドベージェフが見せた最終戦での素晴らしい戦いぶりは、彼がトップを掴むために必要な能力を持っていることを示した。だが最近の歴史を見ると、多くを期待し過ぎるべきではないようにも見える。意外なことにビック3の三人は2015年のジョコビッチ優勝以来、誰もこの大会で優勝していない。その代わり5人の違うチャンピオンが誕生し、毎年、新しい時代の幕開けかと期待をよんできた。


だがそれはいまだに実現していない。メドベージェフの前の、最近の4人の最終戦優勝者たちは誰も、優勝の翌年に複数のタイトルを獲れていない。2017年の優勝者グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に至っては、それ以来一度も優勝できていないのだ。


優勝者/翌年の優勝数/翌年のグランドスラム最高成績/翌年度末ランキング


マレー(2016)/1/全仏オープン準決勝/16(15位下落)


ディミトロフ(2017)/0/全豪オープン準々決勝/19位(16位下落)


アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)(2018)/1/全仏オープン準々決勝/7位(3位下落)


ステファノス・チチパス(ギリシャ)(2019)/1/全仏オープン準決勝/6位(変化なし)


上記の数字がすべてを表しているとは言えないかもしれない。例えばマレーの再起困難な負傷が起こったのは優勝の翌年で、それ以来彼は試合出場が難しくなった。またチチパスが優勝した翌年は、コロナ禍で大会数が大幅に減ってしまった。


だがビッグ3以外の選手が上位に居続ける事は難しいということは表している。男子テニス界の景色は、ジョコビッチたちが引退する前に変わることはあるのだろうか。


世界3位で、今年の全米覇者であるティームは言う。「ビッグ3がいなくなる時は必ず来る。そしてその時に、この素晴らしいスポーツがファンを失わないことはとても大切なんだ。それは僕たちに与えられている挑戦だと思う。僕たちが良いプレーをし、大きな大会で素晴らしい試合をして、僕たち自身がすごいスターになる必要があるんだ」


「ビッグ3はテニスに多大な貢献をした。僕たちがそれを引き継いでいくことがテニス界全体にとって最も大切なことであり、僕たちの使命なのだと思う」


ティームはビッグ3全員に対して少なくとも5回の勝利を飾っており、これは彼以外ではマレーしか成し遂げていない。最終戦でも彼はナダルとジョコビッチに勝利し、それはメドベージェフも同様だった。


ベテランのテニスジャーナリストであるスティーブ・フリンク氏は、2021年はこれまでと違うかもしれないと話す。「多くを期待し過ぎない方がいいとは思うものの、一方、メドベージェフは今年を好調に締めくくり、ティームはとうとう“全米オープン”でグランドスラム優勝を果たした。この二人は、来年も脅威となることを信じていいと思う。ティームは二つ目のメジャー優勝を目指し、メドベージェフは初のグランドスラムタイトルを獲得するかもしれない」


来シーズンに何が起こるか、メドベージェフの今回の優勝が何をもたらすかは、時だけが知るところだ。一つだけ確かなのは、より多くの人々がビッグ3以外の選手に注目し始めたことだ。そしてそのこと自体が、テニスの将来にとっての勝利だと言えるだろう。


(テニスデイリー編集部)


※写真はメドベージェフ(左)とティーム(右)
(Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu