マイページ

オフコート

オーストラリアのテニス選手、隔離生活の後ようやく愛犬トーフと再会

写真は「全仏オープン」でのガブリロワ

テニスの世界ランキング20位だったこともあるダリア・ガブリロワ(オーストラリア)は、長い6週間を過ごした。ようやく隔離期間を終えた彼女は、愛犬トーフと喜びの再会を果たす。その様子を、米テニスメディアBaselineが報じている。


ガブリロワは怪我のためしばらく戦列を離れ、さらにコロナによるツアーの中断があった後、まず下部大会への出場のためフランスに向かい、その後「全仏オープン」に出場。下部大会では予選から出場して準々決勝に進出、「全仏オープン」では1回戦に勝利して、2大会で5勝2敗の戦績をおさめた。


その後、ガブリロワは祖国オーストラリアに帰ったが、まずホテルで2週間の隔離生活を送らなければならなかった。だが隣室には同胞のテニス選手エレン・ペレス(オーストラリア)がいたので、二人は隔離生活もそれなりに楽しく過ごす様子をSNSにアップしている。


隔離期間が終わり、ようやく可愛い茶色のミニチュアダックスフンドの愛犬トーフの元へ帰ることができたガブリロワ。パンデミックの期間中、外出が制限されたせいでガブリロワとトーフは以前よりさらに親密になっていたので、ガブリロワの喜びはひとしおだった。


帰ってきたガブリロワに、トーフは最初少し不安そうに匂いを嗅いでいたが、やがてガブリロワだと確信したらしく喜びが爆発。仲良く家に入ってガブリロワに飛びついたトーフは、興奮のあまりおもらししてしまう。この動画の最後に、優しいガブリロワは「私たち二人とも興奮して、ちょっとおもらししてしまいました。おわり」と言葉を添えている。


ガブリロワはコートへ戻った様子もSNSに投稿しているが、なんとローラースケートをはいてのテニスにトライしている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのガブリロワ
(Photo by Rob Prange/DPPI/Icon Sportswire via Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu